ぼらぷら会員みおさんの会員ページ

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • リピーターさん限定企画
  • 紹介割キャンペーン実施中

ぼらぷら会員個別詳細

みおさん
海外
ボランティア
1 回目
お米
寄付
0
  • 海外ボランティア
  • 大学3年生

お米寄付

アクションに応じてお米が寄付されます。
累計杯数:0杯

プロフィール

性別 女性
職業 大学3年生
都道府県 千葉県
自己紹介 はじめまして! 千葉県在住の大学3年生、柴田海生(みお)と申します。大学では観光ビジネスを専攻していて、バスケットサークルと国際交流会(主に留学生と交流するサークル)に所属しています。最初は人見知りかもしれませんが、人と接することは大好きです!アパレル関係のアルバイトと結婚式の披露宴会場の配膳スタッフをしています。まだ、進路で悩んでいる状態ですが、このボランティアを通して、新しい自分を発見したり、何か得られたらと思っています。

海外ボランティア

参加プログラム フィリピン 貧民区キッズサポート
参加日程 2012-07-30 - 2012-08-04
参加動機 私はイギリスに留学経験があります。初めての海外だったので、それはとても刺激的でした。そして、「世界は広い」と感じました。また、日本はいい国だと再確認もしました。
 今までは、発展途上国はテレビの中の世界でしかありませんでした。「ああ、こういう暮らしをしている人もいるんだな。日本に生まれて幸せだな。」と思っていました。しかし、この限られた人生の中で、それではいけないと思いました。「自分の目で世界の現状を見なければいけない」と感じました。豊かな国を見てるだけでは、それだけの人間で終わってしまう。世界は広いのだ、と。そこで、ボランティアという形で関わりたいと思いました。一人で行って、観光して帰るだけなら、人の役に立てた方がいいと思いました。20歳になって、いろいろ考えることもあります。10年後の自分はどうなっているのか。今、すべきことは何か。毎日充実してはいるが、このまま社会人になっていいのだろうか。何か引っかかるのです。
 私は行くからには、同情や興味本位で行きたくありません。しかし、やはりどこかしら自分の気持ちに同情が入っていたり、役に立つのだろうかと、行くべきなのか迷っていました。ですが、先日、前線勤務国連職員の方の講義を聞いて、決意しました。純粋に現地の人たちに会いたいと思いました。触れ合って、吸収して、学びたい。ニュースで芸能人の結婚の報道や、殺人事件が起きている、今この瞬間にも、世界ではもっともっと重要なことが起きてるのかもしれない。そう思うと、居てもたってもいられません。今が’その時’だと思い、申し込ませていただきました。どうぞ、よろしくお願いいたします。
趣味・特技・資格 得意とまではいきませんが料理は好きです。体を動かすことも好きなので子供たちと走り回りたいです。
意気込み ボランティアに行くことが決まった今、ワクワクした気持ちと不安でいっぱいです。でも行くからには、人の役に立ちたいですし、後悔はしたくないです。私のモットーでもある「やらないで後悔するより、やれ!」の精神で、色々な活動に携わっていきたいです。子供が大好きなので、一人でも多くの子の笑顔が見たいですし、こんなちっぽけな私でも、何かやれることはある!と思っています。そして、色々と肌で感じて、最も濃い6日にしたいです。みなさん、よろしくお願いします。
体験談 体験談を読む

寄付ボランティア

ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート みおさん
ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート みおさん