ぼらぷら会員もとやさんの会員ページ

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • リピーターさん限定企画
  • 紹介割キャンペーン実施中

ぼらぷら会員個別詳細

もとやさん
海外
ボランティア
1 回目
お米
寄付
0
  • 海外ボランティア
  • 大学1年生

お米寄付

アクションに応じてお米が寄付されます。
累計杯数:0杯

プロフィール

性別 男性
職業 大学1年生
都道府県 東京都
自己紹介 生まれたときから教会に通っていて、今では毎晩聖書を読み進めています。中学のときはバドミントン部以外に美術部でデッサンを練習したりしていました。高校はバドミントンを通していろいろ学ぶことができ、最後はカンボジアスタディツアーにいくことができました。今は理工学部に所属しつつ、体育会にも入りましたが、勉強したいことがたくさんあるため、続けるかどうか迷っています。
まだまだ未熟で吸収することばかりですが、みなさんと一緒に一生懸命やらせて頂きたいとおもっていますので、どうぞよろしくお願い致します。

海外ボランティア

参加プログラム バリ島スタディツアー (グループページを見る)
参加日程 2012-08-22 - 2012-08-28
参加動機 生まれたときからキリスト教会に通っていて、途上国のことなどについて漠然と考えていましたが、この春、高校の有志プロジェクトで半年以上前から事前学習を重ね、スタディツアーでカンボジアに行く機会をもつことができました。1週間でしたが、仲間や先生方とたくさんのことを考えることができ、現地の学生やワーカーとも交流し、それをきっかけに、明確でなかった理工学部進学の意義がはっきりしてきました。学ぼうとすれば学べる環境にいる自分は、大学でしっかり勉強して、いつか何も言わなくてもこの手一つで途上国に貢献できる適正技術を身につけたいと思うようになりました。
スタディツアー以降は、講演会に積極的に行ったり、NGOなどについて調べてみたり、東北にも行きました。ただ、途上国や被災地は、自分達の成長や発見のためにあるのではなく、途上国を「消費」してしまうようであってはいけないと強く思っていますが、同時に諸問題に対してすぐに結論を出して思考を停止してしまうのもよくないと思っています。また、こういうボランティアやスタディツアーは行くほど自分の非力を感じます。このボランティアを通して、結果的には自分ひとりでは少しの力にもなれないどころかたくさんのことを気づかせてもらう側になってしまうかもしれませんが、お互いがよいものを一緒につくりあげていくための方法を模索しつつ、将来への覚悟を固める機会にさせて頂きたいと思っております。
趣味・特技・資格 自分は中学のときからバドミントンを続けています。インドネシアはマレーシアと並んでバドミントンが国技と聞いているので、何本かラケットを持っていって、交流できたらいいなと思っています。
意気込み 一週間をより濃いものにするために、事前に自分でインドネシアについて一通り調べ、現地では元気に頑張ります。そして、必ずいつか途上国の人と協力してよりよいものをつくりだせるようなエンジニアになって戻ってきたいと思います。
コメント いろいろ調べている中でこのプログラムを知りました。すごく情報が分かりやすく、充実していて、こういうプログラムに参加できることに感謝しております。
体験談 体験談を読む

寄付ボランティア

孤児院最後の集合写真 ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん
孤児院の庭でバドミントン ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん
近くの中学校 ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん
日本語教室! ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん
近くの小学生達 ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん
中学校の教室 ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん
学校の外でバドミントン ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん
ごみを焼却中 ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん
キッチン ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん
夜、男達で集合写真 ぼらぷらバリ島スタディツアー もとやさん