ぼらぷら会員ゆかさんの会員ページ

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • リピーターさん限定企画
  • 紹介割キャンペーン実施中

ぼらぷら会員個別詳細

ゆかさん
海外
ボランティア
1 回目
お米
寄付
0
  • 海外ボランティア
  • 大学2年生

お米寄付

アクションに応じてお米が寄付されます。
累計杯数:0杯

プロフィール

性別 女性
職業 大学2年生
都道府県 兵庫県
自己紹介  私は、中村友香です。現在大学2年生、二十歳です。大学は、マネジメント創造学部といって、経営学と経済学、そしてさらに国際的に活躍できる人を育成するという方針の下、英語にも力を入れています。
 現在、アパレル関係でアルバイトしており、人と接することが好きです。また、高校生の頃は、幼稚園、児童館でボランティア活動を行っていました。
 特技は、高校生の頃、副部長も勤めていた茶道と幼少の頃から続けていた書道、それからパソコンの早打ちです。
 どうぞ、よろしくお願いします。

海外ボランティア

参加プログラム フィリピン 貧民区キッズサポート
参加日程 2012-08-01 - 2012-08-07
参加動機  私は、幼い頃、社会奉仕やボランティアといった行事が好きでした。なぜなら、自分が頑張った分だけ相手が喜んでくれえるのが純粋に嬉しかったし、自分が必要とされていると自覚できるので、安心できたからでした。しかし、ある時から、自分の考えが間違っていると思うようになりました。相手が困っていればいるほど、やりがいがあると感じるようになっていたからです。それ以来、ボランティアをすることが怖くなってしまいました。
 しかし、高校生の頃から児童館で児童と触れ合うボランティアに参加するようになってから、考えが変わりました。
 自己満足のためにするボランティアは、単なるエゴであって、本当の意味で誰も助からないものなんだということです。ボランティアで大切なことは、相手をサポートして、自立させることじゃないだろうか。転んだ子供を手を引っ張って起こしてあげることがボランティアの役目じゃない。立ち上がれるまで見守ってあげることがボランティアの本当の役割だと思います。
 だから、今回夏休みを利用して、今までよりも大きな地域で、大勢の人と交流して、もっといろんな経験をしたいと思っています。そこで、今回こちらに応募させていただきました。日本よりずっと苛酷な環境で暮らす子供たちが、いつかきっと立派な大人になれることを信じて、それを応援したいと思います。
趣味・特技・資格 幼少の頃から続けていた書道と、高校の時、部活でやっていた茶道。浴衣を一人で着る事ができます。簡単な結び方でよければ、着せることもできます。それから、パソコンを打つのが、他の人より早いです。
意気込み これからの世界を動かしていくのは私たちや、それよりも若い世代、次に生まれてくる世代の子供たちです。その子供たちが、自由に、平和に、安心して生きて行けるようになるには、今生きている世界をよりよくする必要があります。私は、貧困に苦しんでいる子供たちをサポートし、彼らがもっといい世界に変えようと行動してくれるよう、信じて応援したいと思います。
コメント 本当に、参加したいと思っています。参加して、そこでの出来事を、周りの人に話したいと思います。そして、自分たちの周りでできる、小さなことからこつこつやっていきたいと思います。
体験談 -

寄付ボランティア