ぼらぷら会員みさこさんの会員ページ

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • リピーターさん限定企画
  • 紹介割キャンペーン実施中

ぼらぷら会員個別詳細

みさこさん
海外
ボランティア
1 回目
お米
寄付
0
  • 海外ボランティア
  • 大学1年生

お米寄付

アクションに応じてお米が寄付されます。
累計杯数:0杯

プロフィール

性別 女性
職業 大学1年生
都道府県 東京都
自己紹介 山口美沙子です。
美大の一年生です。
絵描くことは得意ではありませんが好きなので美大に行くことを決めました。将来はデザイナーとして社会に出たいてます。4月から絵画教室の先生としてのアルバイトも決まり、これから美術に関われることを増やしていきたいです。

海外ボランティア

参加プログラム フィリピン 貧民区キッズサポート
参加日程 2013-08-26 - 2013-09-01
参加動機 現在私はバングラデシュに日本の使い捨ての靴箱を子どもたちが喜んでくれるような箱に装飾し、その中に鉛筆などを入れて現地の子どもたちに届ける活動に参加しています。
靴箱は先輩と以前大学で講義をしていた教授が直接届けてくれました。
初めは靴箱を子どもたちが喜んでくれるように自分で装飾しただけで満足していましたが、直接届けてくれた先輩が撮ってきてくれた沢山のバングラデシュの現状の写真を見て自分も現地に行って発展途上国の現実を自分の目で確かめなければいけない、また直接現地の子どもに自分が装飾した靴箱を届けたいという気持ちが強まりました。
しかし、発展途上国を全く知らない私がいきなりバングラデシュに行くのは難しいと周りから言われました。
そこで、発展途上国を知るために実践的に活動できることはないかと調べたところNGOボランティア活動を知りぜひ参加したいと思いました。
趣味・特技・資格 美大に通っているので自分の絵を現地でいかしたいです。
しかし、絵に何ができるのかを考えたところまだ見つかりません。まずは現地にいって美術がどういかせるかを探しにいきたいです。
意気込み 初めての発展途上国に不安を隠せません。
しかし、今バングラデシュに支援している活動を通して先進国と発展途上国の差を変えていきたいという気持ちは強くなりました。
その意気込みを忘れずにフィリピンに貢献したいです。
体験談 体験談を読む

寄付ボランティア

ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート みさこさん