ぼらぷら会員そうたろう/そうたさんの会員ページ

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • リピーターさん限定企画
  • 紹介割キャンペーン実施中

ぼらぷら会員個別詳細

そうたろう/そうたさん
海外
ボランティア
1 回目
お米
寄付
6
  • 海外ボランティア
  • 大学院生

お米寄付

アクションに応じてお米が寄付されます。
累計杯数:6杯
内訳
アクション 杯数
帰国後体験談投稿 5.0杯
帰国後写真投稿 1.0杯

プロフィール

性別 男性
職業 大学院生
都道府県 鹿児島県
自己紹介 鹿児島大学 大学院 教育学研究科 教育実践総合専攻
言語・社会系コース 社会科教育学に所属しております
寺地創太郎(てらちそうたろう)と申します。
年齢は22歳で,今年大学院の1年目です。
子どもと接するのが大好きで,
将来は中学校の社会の教師になるのが夢です。
好きなスポーツはサッカーです。
よろしくお願い致します。

海外ボランティア

参加プログラム フィリピン 貧民区キッズサポート
参加日程 2013-09-04 - 2013-09-10
参加動機 私は将来,社会科の教師になりたいと考えています。
世界の貧困の様子など,様々なメディアを通して
目の当たりにする機会はありますが
教師になるにあたり,少しでもいいから自分の目でみて
そこから何かを感じ,何かを学び,
子どもたちに伝えていくということと
また,自分自身も一人の人間として,
現代社会が抱える様々な問題に対し
真摯に向き合う姿勢を持ち続ける
その原点になるように自分にできることを
懸命に頑張りたいと思い,参加を希望しました。
ボランティアをしに行くのではなく,
現地の人々と交流し,学ばせてもらい,そして
すこしでも支えになることが出来ればと考えています。
趣味・特技・資格 子どもと接するのが好きなので,コミュニケーションを取れるように頑張りたいです。サッカーに限らず,身体を動かすことが好きなので,コミュニケーションの潤滑油となるように活用していきたいです
意気込み 現地の方々の迷惑にならない範囲で,寄り添う姿勢をもちながら
自分に出来ることを一生懸命行いたいです。
体験談 -

寄付ボランティア

マスター達や,先輩方がつくりあげてくださった道場の様子。資材運び手伝わせて頂きました。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん
スモーキーマウンテンでのフィーディングの様子。一列に並ぼうと呼びかけ,礼儀と秩序を伝えます。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん
フィーディングノ前には,“道場訓”を言います。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん
ファーストエイドの様子です。破傷風等の予防も兼ねます。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん
パンのフィーディングです。「ありがとうって言いましょう」「ありがとう」というやり取りの中で礼儀を伝えます。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん
裸足で過ごす子ども達の為に,前のグループの方々が自分達で購入・準備されたスリッパを配る手伝いをしました。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん
マザーテレサ孤児院の門。何をしたいか明確に。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん
サンチャゴ要塞。下調べが足りなかった。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん
道場の前でのフィーディング。ガラスの破片が散らばるゴミと泥の混ざった土の上を裸足で走る子ども。更に奥に見える高層ビルと眼前の光景のギャップに戸惑った。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん
空手のお手伝い。ハッピーキッズの皆がとても格好良かった。 ぼらぷらフィリピン 貧民区キッズサポート そうたろう/そうたさん