ぼらぷら会員かおりさんの会員ページ

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • リピーターさん限定企画
  • 紹介割キャンペーン実施中

ぼらぷら会員個別詳細

かおりさん
海外
ボランティア
1 回目
お米
寄付
0
  • 海外ボランティア
  • 大学1年生

お米寄付

アクションに応じてお米が寄付されます。
累計杯数:0杯

プロフィール

性別 女性
職業 大学1年生
都道府県 神奈川県
自己紹介 はじめまして!慶応義塾大学総合政策学部1年の千葉佳織(ちばかおり)です!北海道出身で今年の春から神奈川県でひとり暮らしをしています。特技は弁論とバイオリンです。弁論は高校時代からしており力を入れて活動していました(名前で検索していただければ動画も出てきます)。人前で話すことが大好きです。現在は大学の弁論部に所属しています。またワグネルソサイエティオーケストラでバイオリンを演奏しています。バイオリンは6歳から続けています。今回はバイオリンパートの友人と共に参加させてもらいます!大学ではこれからマスメディアの研究をしていきたいと考えています。よろしくお願いします!

海外ボランティア

参加プログラム フィリピン 貧民区キッズサポート
参加日程 2013-09-11 - 2013-09-17
参加動機 私は高校時代から弁論部に所属しています。弁論は社会の様々な問題を取材し、自分の主張を行うという競技です。私はこの部活を通して自分の考え方、人間性を大きく変えました。弁論を書く上で「日本の人々が目を背けているところを自ら追求する力」を身につけ、そこには私たちが今知るべきことが数多くあることを学びました。過去に具体的に言うと、重傷心身障害者施設へボランティアに行ったり、アメリカに短期留学してアメリカ人と第二次世界大戦(原子爆弾)についてディスカッションしたり、大人しかいない講演会に制服姿でひとり顔を出して交流してみたりしたことがあります。そのようなことから学ぶことがどれほど大きなものかを知っているつもりです。
私は将来アナウンサーになって報道に関わりたいという強い意志があります。そこで支援が行き届いていない子供たちの現状など、私たちが目を背けがちなところを発信できる人になりたいと思っています。そこで今年の秋に再び弁論大会に出て、今回のボランティアで学んだことを発信したいと思っています。私にしか表現できない言葉で、声で、伝えるべきだと思っているからこそ、このプログラムの過酷さから逃げず現実を見たいです。そして自分には現地で何ができるのか、現在この国が抱える問題とは何なのか、学んだ上で責任を持って参加することを約束したいと思います。よろしくお願いいたします。
趣味・特技・資格 音楽ならある程度のことをこなすことができます。音楽を通して交流をはかりたいです。また細かい作業が得意なので、活かす場があれば積極的に行いたいと思います。
意気込み どんなに辛いことがあったとしても、今回この機会を与えていただいたことに感謝し、自分にできることを常に考え行動に反映させられるよう努めます。
体験談 体験談を読む

寄付ボランティア