ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

周りの人たちに助けれた七日間

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

限定30名!クリスマスキャンペーンサイドバナー

春休み募集開始

夏秋カンボジアスタディツアー募集

満足度NO1カンボジアボランティア

日本最大級の海外ボランティアSNSサイドバナー

将来の夢別参加者さんオススメプログラムバナー

社会人におすすめ!

長期XボランティアXインターン

ボランティアサークル学内活動

  • プログラムを知る・理解する
  • よくある質問
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • 安全面とサポート
  • プログラム参加特典

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

ご参加を迷ってる方へ

活動で選ぶ!ボランティア選び

貢献の輪を広げよう

ぼらぷら支援の広がり

高校生特設ページ用バーナー

ぼらぷらブログ

周りの人たちに助けれた七日間

2012年4月2日 3:41 PM

【滞在期間】2012年3月21日~3月27日 【総評】大変満足 【性別】女性  【ネーム】新川 知世


(1)参加動機

 

私は今までボランティアをしたことがなかったのですが、ボランティアにはずっと興味がありました。スモーキーマウンテンについては昔から興味があり、一度足を運び現状を知りたいと思っていました。子供が好きということもあり、何か貧民区の子供たちのためにしたいという思いから、このプログラムへの参加を決意しました。

 


(2)参加した感想

 

私にとってこの七日間は衝撃的なものでした。実際にフィリピンに行き、貧民区に住む子供たちと出会い、マスターと出会って、自分はいったい何をしにフィリピンに行ったのだろうと考えずには居られませんでした。実際にフィリピンに行っても、積極的に子供たちと関わっていくことができず、ただ子供たちから笑顔をもらうばかりでした。パンやキャンディーなどの物を与えることはできたのですが、それ以外に私は何も与えることができなかったのではないか、と思いました。自分の考えの浅さ、無力さにただ反省する日々でした。このプログラムに参加する前は、自分はフィリピンに行って色々な事を子供たちにやってあげることができて、子供たちも喜んでくれるだろうと思い込んでいました。しかし、実際にフィリピンに行ってみると、逆に子供たちに助けられ、子供たちの助けなしでは安全に生活することのできない自分がいました。そんな自分が本当に情けなく、すごく悔しかったです。また、このプログラムに参加したことによって自分の中の気持ちが大きく変わりました。それは、ボランティアに対してだけではなく、自分自身の事に対してもです。いままでの自分がいかに人に頼って、依存して生きてきたかということに気づきました。自分一人では何もできないということに気付きました。今回のプログラムでも、マスターや貧民区の子供たち、同じ参加会員である仲間に助けられ七日間過ごすことができました。周りの助けがあったからこそ、 フィーディング、ファーストエイドなどの様々な活動を行うことができたのだと思います。マスターが教えてくれた「自他共栄」の精神が本当に大切であると実感しました。今回自分はボランティアをしに行ったはずなのに、多くの人に助けられ、多くの事を教えてもらいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいですし、これから周りの人に教えてもらったことを胸に、心で感じ行動できる人間になるよう頑張りたいと思います。

 

 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか

 

マスターに教えてもらったこと一つ一つが深く胸に刻み込まれています。マスターの言葉はすごく厳しかったのですが、どれも心に響いてきました。特に、親孝行もできていない人がフィリピンでボランティアなんかできるか、という言葉は印象に残っています。親孝行も十分にできていない自分が海外に行ってボランティアをするなんて、本当におかしいなと感じました。親孝行は、やってあたりまえだけれど、自分は十分にできていなかったということに気付きました。なので、これからはボランティアをする前に親孝行をしっかりできる人間になりたいと思います。