ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

カナダデイケアセンターでのボランティアを通して

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

秋冬割

春募集開始キャンペーンサイドバナー

夏秋カンボジアスタディツアー募集

満足度NO1カンボジアボランティア

グループ割サイドバナー

プログラム説明会

満足度97体験談

高校生特設ページ用バーナー

長期XボランティアXインターン

  • プログラムを知る・理解する
  • よくある質問
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • 安全面とサポート
  • プログラム参加特典

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

社会人におすすめ!

ご参加を迷ってる方へ

貢献の輪を広げよう

ぼらぷら支援の広がり

ぼらぷらブログ

カナダデイケアセンターでのボランティアを通して

2011年4月3日 11:55 AM

【滞在期間】2011-03-20 ~ 2011-03-26 【総評】大変満足 【プロフィール】女性/神奈川

 

(1)参加動機

 

ボランティアや国際的なことに以前から興味があったので、その方法を探していたらネットでプラットフォームの存在を知ったから。

 

(2)参加した感想


私にとってボランティアとう言うものは人生ではじめての経験で、しかも海外にひとりで行くというのもはじめてでし た。またインターンシップ先がデイケアセンターということで、小さい子供たちと触れ合う機会もほとんどなかった私はとても不安でした。8時間もの飛行時間 を経てバンクーバーにおりたったときは不安でいっぱいでした。担当のミサさんが空港で出迎えてくれたときはほっとひと安心。そのまま車で移動。チャイナタ ウンの飲茶のお店でこれから通うデイケアセンターのことや移動手段、ホームステイ先のことなど詳しく教えてもらいました。それからステイ先へと移動し、そ の次の日からデイケアでのボランティアが始まりました。カナダでも休暇中のこの時期はデイケアにはそれほどたくさんの子供たちはいませんでしたが、規模は 大きく年齢別のいくつかのクラスに分かれていました。そこでは自分から積極的に話しかけて自らが関わっていくことが大切だとアドバイスを受けました。事 実、小さい子供たちと触れ合った経験のない私は内心動揺していました。最初はなんとか日本から持ってきた折り紙で興味を持たせて仲良くなっていこうと試み ました。

これにはやはりみんなおもしろがって飛んできます。そして次々と一斉に質問してくるので簡単なものを作るのがベストです。その後は公園で遊び、お やつやランチを食べたり、とこんな感じで一日目はすぐに終わりました。二日目は小学生低学年ほどの子供たちと一緒にフィールドトリップに行きました。シー バスでノースバンクーバーまで行ったのですがこの日はあいにくの雨で、本当に寒かったのが印象的です。だいぶ子供たちもなついてくれて、とっても楽しかっ たです。三、四日目はデイケアで過ごしました。一緒に走り一緒におもちゃで遊んだり、靴や上着を着るのを手伝ってあげたりもします。

慣れてきて今必要なこ とがなにか分かるようになってきました。いつも朝九時半頃から四時半までの活動ですが、みんな元気なので私も意外と体力を使いました。全体的に私の感覚で は子供たちは割とマナーが良かった気がします。これには感心しました。またどの子もみないいこでかわいかったです。デイケアでの活動が終わると夕方からは フリーなのでバスでダウンタウンまで戻り、色々なお店をめぐりました。美味しいものを食べたり、写真をとったり、一人でも十分楽しめる街だと思います。

カ ナダは今雨季のためしとしとと雨が降り寒いですが、晴れた日には山がはっきりと綺麗に見ることができます。都会と山や海といった自然が融合したこの街が大 好きです。最終日の観光はバンクーバーの名所を一日で行くというハードなものでしたが、ミサさんが詳しく案内してくれてすごく楽しめました。デイケアの先 生方には本当に親切にしてもらいましたし、子供たちを通して充実した楽しい日々をおくり元気をもらいました。そしてホストファミリーのみなさんにもお世話 になりました。英語を使ってコミュニケーションをとることを通して、様々な民族の暮らすこの都市で人の関わり合いの大切さとあたたかさを実感しました。短 期間ではありましたが本当に学ぶことの多い一週間でした。また訪れたいです!

 

 

 

(3)今後この経験をどういかしたいか

 

まだ初期段階ではありますが、今後はもっと英語を使って他国でも通用するようになりたいです。また今回のボランティアを足がかりとしてこれからも海外で活動していきたいです。