ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

色彩豊かなバンクーバー

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

限定30名!クリスマスキャンペーンサイドバナー

春休み募集開始

夏秋カンボジアスタディツアー募集

満足度NO1カンボジアボランティア

日本最大級の海外ボランティアSNSサイドバナー

将来の夢別参加者さんオススメプログラムバナー

社会人におすすめ!

長期XボランティアXインターン

ボランティアサークル学内活動

  • プログラムを知る・理解する
  • よくある質問
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • 安全面とサポート
  • プログラム参加特典

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

ご参加を迷ってる方へ

活動で選ぶ!ボランティア選び

貢献の輪を広げよう

ぼらぷら支援の広がり

高校生特設ページ用バーナー

ぼらぷらブログ

色彩豊かなバンクーバー

2011年11月16日 9:55 AM

【滞在期間】2011-11-07 ~ 2011-11-13 【総評】満足 【プロフィール】女性  

 

(1)参加動機

 

英語圏でも赤毛のアンのイメージからずっと夢見ていたカナダへの留学と興味のあった保育の仕事ただの興味で終わらせずに知りたい体験したい思い参加を決めた。またホームステイというのもその場の生活に実際に入って いけるという面で国際交流の場として魅力的に感じたため。  

 

(2)参加した感想

 

初めてじゃないにしてもやはり戸惑うホームステイ。 友人と参加したことは、買い物ひとつにしてもバスも初めての街を散策するにしても心強かったし、一緒だからこ の数日間で活発に活動できたということもあったけれど、それから今回は家族にたいしてや子供にたいしても英語でのコミュニケーション能力のギャップもどこか私にとってはプレッシャーになってしまった部分もあり、慣れな い環境で最初の2日間はどっと疲れてしまいました。

 

デイケアセンターの一日の流れもつかんできて、子供たちとの会話にしても言葉の言い回しを見よう見真似で行った りできるようになってきたところであっという間の最終日。名前を呼んでお願いされたり、できないと決めつけずに トライさせてみることで時間はかかってもできるようになったりするちょっとした喜び、言葉の壁をこえてそれらからやりがいも身近な出来事一つ一つに感じることができました。 あんなに可愛い子供たちが可愛く思えなくなってしまうほど困惑したり、思うようにいかなくてめげてしまいそうになったりもしましたが、様々な先生たち一人一人も個性があってその辺の兼ね合いも大変そうだなと感じた部分でした。

 

生活面ではバンクーバーで一番驚いたのは人種が本当にひとつのまちにぎゅっと、共存していること。 地域によっては差があるかもしれないけれど国際色豊かな留学生にとって住みやすい街だなと感じました。 それから国際色豊かといえばホームステイ先の家族である。 この短い期間の間に打ち解けられたのはとても親切でフレンドリーに接してくれたあの家族のおかげであり、過ごしや すい環境や美味しくてバリエティー豊富な食事、ランチの用意までもとてもありがたくて、明るくて温かい私にとって 理想の家族の形でした。 ママが言ってくれた「This house is your first family in CANADA, so comeback you wanna to come here whenever as soon as」のような言葉がとても嬉しかったです。

 

寒くて天候もよくない日程のバンクーバーでのインターンシップ。観光の休日の間は体調を崩してしまいモチベーションとしては全体を通して決してよくはありませんでしたが、語学はもちろん、デイケアセンターでのボランティア活動やホームステイ、 それから街の散策を通してもバンクーバーの生活や習慣を肌で感じることができたし、学んだことも観光でくるものとはまたまったく違う貴重な素晴らしい体験であったと思います。 海に山、褐色に染まった木々と可愛い家々が碁盤の目に並ぶ町並み。 国際色も色彩も自然も豊かな魅力的な街にすむバンクーバーの家族の元へ必ず戻ってこようと心に決めて帰国しました。 素敵な出会いに感謝。短い滞在だったが充実した貴重な時間でした。


 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか

 

大学の学部での勉強においてもカナダの特色を発信することができると思います。 また、異文化間でのコミュにケーションにおいても以前より恐れることなく接することができると思うし、将来自分が子供 を預ける際にも気をつけて行きたいことを預かる側から感じることができました。