ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

スタッフの声 |採用情報(ジェンキンソン 陽)

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顧客担当

志望動機

自分の理想とする貢献活動の形だった

アメリカでのボランティアに参加して以来、国際協力というものに興味を持ちイギリスに渡りこの分野を専攻しました。勉強していると資本主義社会のもとで国際協力を行うことの難しさが見えてきました。具体的には資金不足でプログラムの突然の中止、資金提供者への中立的な立場が維持できない(NGO、NPOは紛争地域への支援活動なども行うことがあるため政治的に中立の立場であるべきとされています)など、むしろ現地の負担になりかねない事態がこの分野では起きているということです。では、資本主義社会のもとで有効な貢献活動の形はないのか、そう考えた時にソーシャルビジネスという形が一番可能性があるという考えに至りました。ぼらぷらはこのような私が大学時代ずっと考えていた理想の貢献活動のモデルを実際に行っていると思います。また、イギリスはこの分野ではとても先進している国なため、日本での国際協力への認識、意識の浅さもぼらぷらで貢献の輪を広げながら解決していけるのではないかと思い入団志望しました。私一人現地へ渡ったとしてもできることは限られています。だからこそ日本で国際協力の輪を広げて一人でも多くの人がこの分野に興味を持ち、貢献に関わってくれることを祈っております。

今の業務の具体的な内容は?

顧客対応と海外業務

経験

顧客対応では電話受け、予約確認電話など会員さんがよりよいプログラム経験ができるようサポートさせていただいています。また、海外業務も少しずつ担当するようになり、Facebookやウェブページ上での現地レポートの投稿、プログラム運営に関わる情報の確認・更新などを行っております。

ボランティアプラットフォームに来て良かったと思うことは?

人と環境

職員の方々がみなさんとても親切で優しく、とても働きやすいことです。職場の人間関係というのは、貢献事業に関わらずひとつのチームとして高みを目指していく仕事において最重要事項だと思っています。円滑なコミュニケーション、Win-Winを考えるプロセスを通じて相乗効果を生み出せる職場であると感じます。

成長・スキルアップできたことは?

経験

貢献できる人材になるためのステップアップ

まだ入団して日が浅いのですが、それでも様々な分野を網羅する研修プロセスのおかげでまずは一社会人として少しずつ成長できている気がしています。特にカンボジアでの研修では実際にぼらぷらのプログラムが現地でどのように運営されているのか、現地にどのような変化を与えているのかをこの目で見ることができ、さらに現地とのより良い関係をこれから築くためのベースになったと思います。

仕事の中で大変なことは?

幾つものタスクをもれなくこなしていくこと

少人数のため、一人ひとりがしっかり自分のタスクをこなしていかなければならないのですが、まだ私は仕事自体にも複数のタスクを同時にこなすことにも慣れていないため、抜け・漏れが出てしまうことがあります。一つ一つしっかり確認して、でも効率よく仕事が運べるようになりたいと思っています。

普段の過ごし方は?

/images/about/intern_33_04.png

とってものんびりか、予定ぎっしり!

週末はゆっくり寝て母と買い物に外に出るだけ、という日もあれば午前、午後、夜で全部予定が埋まっている日もあります。その時によって本当にまちまちです。

ボランティアプラットフォームに向いていると思う人は?

人の笑顔を見るのが好きな人!

ぼらぷらの仕事の一番のやりがいは人々を笑顔にすることだと思っています。人の笑顔を見て幸せな気持ちにならない人はいないかもしれませんが、それを自分の原動力に常に向上心を持ち挑戦し続けられる人、そんな人が向いていると思います。

これからボランティアプラットフォームを目指す方へひとこと

一緒に挑戦し続けましょう!

日本でも国際貢献、国際協力、という言葉が当たり前のように飛び交い、社会全体でWin-Winを目指せるようなそんな世の中を築くために一緒に頑張りましょう!

プロフィール

ジェンキンソン 陽

英国国立リーズ大学 政治・国際学学部 国際開発学科 Firstで卒業 2016年

インターンの求人情報を見る