ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

スタッフの声(堀 佐知子) |採用情報

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アライアンス担当

≫Click here for English page.

入団した動機は?

 大きな可能性を感じた

一昔前、国際協力に関わるということは、ハードルの高いことであったように思います。しかし、情報・人・モノが簡単に世界中を行き来する現在は、より多くの人が何らかの形で国際協力に関わる事のできる環境が整備されてきていると思います。そのような時代の恩恵を、多くの人と共有したいという思いがありました。人と人が繋がることで生じるのは、必ずしも良いことばかりではありません。しかし、そこにポジティブな効果を生み出すことのできる仕組みを作れば、「誰かのために何かしたい」という良心を、国境を超えてどんどん形にしていくことができるのではないでしょうか。ぼらぷらは、それを実現することのできる場ではないかと思いました。

 

 

いまの仕事の具体的な内容は?

アライアンス関連&調査業務

アライアンス関連としては、国連諸機関の駐日事務所との連携や、国連のネットワークへの加盟などを担当しています。日本社会で国際協力の裾野を広げるための連携業務はとてもやりがいがあります。調査業務としては、現地の方々がぼらぷらの事業をどのように評価しているかを知るための調査、ボランティア派遣事業の動向を知るための調査、先駆的なNGO事業の調査など、より良い仕組みを構築していくために必要な様々な調査・分析を行なっています。

 

ボランティアプラットフォームに来てよかったと思うことは?

たくさんの人の笑顔に出会えること

実際にプログラムに参加された方々や、現地でボランティアを受け入れている方々の影のない笑顔を見るときや思いの溢れる感想文を読む時に、決して数字や言葉ではうまく表現できないやりがいを感じます。

 

成長・スキルアップ出来たことは?

チームワークと責任感

当たり前のことかもしれませんが、自分が行う仕事が全体の中でどのような意味を持つのか、どの部分の役割を担っているのかを理解して、それに対して責任をもって取り組むという点で、少しずつ成長出来ているのではないかと思います。

 

仕事の中で大変なことは?

バランス

様々なことで最適なバランスをとることが大切であると感じています。集中してアウトプットを出すことと、周りへの気配りを心がけること。他の方々の意見にしっかりと耳を傾けることと、自分の頭で考えること。その時々に合わせて、適切なバランスを見つけ出していく臨機応変さが必要だなと感じています。

 

休日の過ごし方は?

完全OFFモード

好きな事をしてリフレッシュ

家で本を読んだり映画を見たり、友人とおいしいものを食べに行ったり楽しいところに遊びに行ったり、九州にいる家族と電話で話したり、、、頭はOFF、心を全開にしてたくさん笑って、しっかり自分を充電します。

 

ボランティアプラットフォームに向いていると思う人は?

Cool Head, but Warm Heart

経済学者アルフレッド・マーシャルの有名な言葉です。国際協力事業に取り組む人も、冷静な頭脳と温かい心を持ち合わせている必要があると思います。一番大切なのは、困っている人や弱い立場にある人を助けたい、何か力になりたいという純粋な温かい心だと思います。ただし、それだけでは本当に誰かのためになる事業を展開していくことはできないのではないでしょうか。温かい心を形にしていくには、冷静に物事を判断し、戦略的に計画を立て、着実にそれを実践していく頭脳やスキルが不可欠であると思います。

 

これからボランティアプラットフォームを目指す方へひとこと

一緒に新しい風を吹かせましょう!

大きな志を立ててしっかりと根を張り、日々の業務に向上心を持って臨むことでグングンと幹を伸ばし、国際協力の分野にたくさんの笑顔を咲かせましょう。既存の枠組みにとらわれ過ぎることなく、新しい挑戦をしていく気概のある方、お待ちしております。

 

プロフィール

堀佐知子(1986年7月生まれ)アライアンス担当

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 国際協力学専攻 修士課程 修了、同博士課程 単位取得退学。英国への留学経験及び、カンボジアでの調査経験有り。

 

 

総合職の求人情報を見る