ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

スタッフの声 |採用情報

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

システム開発

入団した動機は?

ソーシャルビジネス×IT

ここに来る前にビジネススクールでソーシャルビジネスを学んでいました。多くの社会起業家たちとの関わりを通して、この業界全体でITの活用が十分にできていないことを知りました。この問題を解決できれば社会問題を解決する速度を加速させられる、そしてそれがエンジニアである自分が社会貢献をできる最善の道である、そう考えるようになりました。そんな時、ぼらぷらと出会い、ここ以外に自分の思いを具現化できる場は存在しないと感じ応募を決意しました。

いまの仕事の具体的な内容は?

業務効率化のためのシステム作り

主にWebサービスや社内システムの開発を行なっています。システムを使う人がどのような点でストレスを感じているかを調査・分析し、それを改善するためのシステム開発を行います。

ボランティアプラットフォームに来てよかったと思うことは?

反応がダイレクトに返ってくる

自分の開発したものに対して、社内外から反応がダイレクトに返ってくることは、自分のやりがいにつながります。厳しい意見を頂くこともありますが、それを乗り越えることで自分や団体の成長につながることを実感でき、より高いモチベーションを持って仕事に取り組めます。

休日の過ごし方は?

完全OFFモード

体を動かす

業務では頭を使うことが多いので、週末はなるべく体を動かすようにしています。ジョギングや自転車、登山などが好きです。

ボランティアプラットフォームに向いていると思う人は?

負けん気の強い人

社会貢献をソーシャルビジネスとして進めていく道のりは非常に険しく、多くの障壁が立ちふさがります。壁と向き合ったときに「なにくそ」と思い、熱い行動を起こせる方はぼらぷらに向いているとおもいます。

これからボランティアプラットフォームを目指す方へひとこと

熱い情熱と冷静な思考

国際協力をソーシャルビジネスとして実践していくためには、熱い情熱はもちろん、冷静に状況を見極め改善策を生み出す頭が重要です。情熱に燃えている時こそ、それを実現するためには何が自分に足りないのか、何をすればよいのかを冷静に思考することを心がけてください。

プロフィール

長田 甫(1982年7月生まれ)システム管理・WEBプログラマー

大学・大学院では中国の砂漠化問題について研究を行う。卒業後、受託系システム開発会社で、システムエンジニア・プログラマを経験した。

WEBプログラマーの求人情報を見る