ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

カンボジア海外駐在員 2012.7.31~9.24

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

限定30名!クリスマスキャンペーンサイドバナー

春休み募集開始

夏秋カンボジアスタディツアー募集

満足度NO1カンボジアボランティア

日本最大級の海外ボランティアSNSサイドバナー

将来の夢別参加者さんオススメプログラムバナー

社会人におすすめ!

長期XボランティアXインターン

ボランティアサークル学内活動

  • プログラムを知る・理解する
  • よくある質問
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • 安全面とサポート
  • プログラム参加特典

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

ご参加を迷ってる方へ

活動で選ぶ!ボランティア選び

貢献の輪を広げよう

ぼらぷら支援の広がり

高校生特設ページ用バーナー

ぼらぷらブログ

カンボジア海外駐在員 2012.7.31~9.24

2012年10月30日 2:55 PM

【滞在期間】2012年7月31日~2012年9月24日 【総評】満足【性別】女性 : 今川 史央里

(1)業務についての感想

電気やインターネット環境など、日本と異なる所を挙げるとキリがありません。それを受け入れることから、駐在員の仕事が始まりました。日本とは環境の全く違うところで、時間の使い方や業務のこなし方を工夫することがとても重要でした。大変に感じることもありましたが、その分やり甲斐も大きかったです。その過程で、「できないかも」というマイナス思考ではなく、「どうやったらできるだろう」とプラス思考で取り組めるようになっていきました。また、細かい気遣いと広い心を持つことがすべての業務を行う上でのポイントでした。例え時間がかかっても、カンボジア人のスタッフと業務理解、業務のシェアをすることや、日本人会員さんの不安をできるだけ軽減できるように常に細かい気配りを心掛けていました。2ヶ月間一度も体調を崩さず、業務をこなせたのは、やはり村の人々の協力があってこそだと思います。感謝しながら働くことや、信頼関係を築くことの大切さを学べる仕事でした。

(2)これから現地スタッフを希望する方へのメッセージ

カンボジアの生活で学んだことは数えきれない程ありました。大自然の中で生活するにつれて、自分自身を飾ることなく過ごせるようになっていました。時には思うようにいかず、悔しいことやもどかしいこともあります。でも、そんな時も村の人々や子供たち、ホストファミリーの笑顔にいつも助けられていました。どんなにかりかりしていても、いつの間にか笑顔になる、そんな場所でした。また、文化も母国語も異なる、スタッフや先生方と日本語、英語、時にカンボジア語で意思疎通をして、協力ししながら仕事を行うことは駐在員の一番の醍醐味ではないかと思います。業務を終えた頃には、タフな自分に出会えることは間違いないと思います。

(3)これからプログラムに参加する方へのメッセージ

カンボジアのプログラムでは、日本とは文化の異なる生活を体験できます。そして、たくさんの素敵な子供たちや村人に出会えます。日本では考えもしなかったことを考えさせられたり、悩むこともあるかもしれません。私自信も自分自信の生活や価値観を見直すいい機会になりました。子供たちと一緒に学ぶ気持ちで参加されると学ぶことも多いのではないでしょうか。