• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
体験談グランプリ

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

こんなに充実した体験が出来るとは

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2015年3月参加
紹介割コードin115685d69

最初は授業に興味を持たなかった子供が、真剣に授業を受けてくれるようになった時は何にも代え難い喜びを感じることが出来ました。

参加前の気持ち

初海外で不安、現地の治安が心配、自分にできるかな、視野を広げたい、成長したい、人の役に立ちたい、将来の進路に活かしたい、現地の様子が見たい・知りたい、現地の生活を体験したい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

小学校の教員を目指しており、今回の体験を通じて発展途上国の教育の現状を知ることで、教員になった際に役立てることが出来ると考えたから。また、学習環境の整っていない現地の子ども達の学習の助けになりたいから。

プログラムに参加した感想は?

 初めての海外、初めての授業。このカンボジアでの体験は初めてのことばかりでした。水道も、電気も(ほぼ)ない原始的な生活は、体験する前はとても不自由なのだろうと考えていましたが、実際にその環境で生活してみると日本での生活より寧ろ心地が良いくらいで、特に不自由と感じることはありませんでした。恵まれた環境が必ずしも幸せに繋がる訳ではないと実感しました。私たちの、「発展途上国は遅れていて可哀想だから先進国に近づくように支援をしてあげなければいけない」という考えは現状を知らない私たちの勝手な押し付けだと思います。彼らが本当に望んでいる支援は何なのか、私たちが本当にすべき支援とは何なのか考えさせられました。
 そして、今年度、初めての教育実習を控えている私にとって、ここで授業をできたことはとても大きな自信になりました。最初は、楽しい授業ができず、子どもが授業中に走り回ってしまって大変でしたが、どうすれば子どもが楽しんで勉強をしてくれるかを仲間たちと意見を出し合い、実践することで、子どもたちが楽しめる授業作りをすることが出来ました。子どもたちはが大はしゃぎで「もう一回このゲームがしたい!」と言ってきた時は何にも代え難い喜びを感じることが出来ました。休み時間には子供たちがバレーボールやサッカーに誘ってくれて、自分が担当したクラスの子供以外とも仲良くなることが出来ました。本当に皆がフレンドリーで、人見知りをしてしまう私にとってはとてもありがたかったです。
 このプログラムでは最高の仲間、最高のホストファミリー、最高の子供たちに出逢う事が出来ました。共に過ごしてくれた全ての人々への感謝を忘れず、この体験をこれからの生活に活かしていきたいと思います。
 

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

 私は将来、小学校の教員になりたいと考えています。そこで、今回の体験を社会科の授業の教材として使用し、日本、カンボジアそれぞれの良さ、改善点は何なのか。私たち、先進国が発展途上国にすべき支援の在り方とは何なのかを児童たちに考えさせたいと思います。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

現地でしか得ることの出来ない体験が出来るから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

最初の一歩は勇気がいるものですが、その一歩は必ず貴方を満足させてくれるはずです。先ずは「一歩」踏み出してみましょう!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

丁寧なサポートのお陰で充実した1週間を過ごすことが出来ました。本当にこのプログラムに参加して良かったです。

ふきだし

その他の応援メッセージを読む