• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
体験談グランプリ

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

素晴らしい経験、出会いに「ありがとう」

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークいい経験に
  • 2015年3月参加
紹介割コードin123011b08

やっぱり、お別れする時の感覚は一味違います。言葉が違くても伝わる気持ちや心を感じた時の感動はとても素晴らしいです。

参加前の気持ち

1人参加で不安、視野を広げたい、成長したい、人の役に立ちたい、将来の進路に活かしたい、現地の様子が見たい・知りたい、現地の生活を体験したい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

いい経験に

プログラムに参加した理由を教えてください

最後の学生生活で何かをやってみたいと思い、まず浮かんだのが海外留学。しかし、急な発想であったため短期でできること・ボランティアをしたいことを考えた末にこのプログラムを見つけた。正直、将来のことについて悩んだ日々が続いていた中で、なにかをやりたい、見つけたいと思い今回参加を決めた。また、日本とは違う意味での生活をしている国「カンボジア」に興味を持ち、教員志望の僕に合ったプログラムがあったためである。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

初めての海外ボランティアでカンボジアへ。
出発が近づくにつれて、楽しみな気持ちと不安な気持ちが交差していき、久々の感覚がありました。
正直なところ急な思いつきで参加を決めた今回の活動でしたが、行ってすごくよかったと最終的に感じることができ、また、自分の知らない世界を体感すると共に経験することができました。
とにかく子供達がパワフル!授業では楽しそうに勉強し、休み時間には全力で遊ぶ子供達。毎日汗だくになりながら駆け抜けました。そんな子供達の笑顔からは、逆に幸せな時間を頂いた気がします。それに比べて自分が子供達に何を与えることができたか、このボランティアを通して貢献できたことはどんなことかを考えると、胸を張って言えることが見つかりません。しかし、学校に着いた途端、自分たちを待っていたかのようにニコニコと寄ってきたり手を振ったりしてくれる子供達がそこにはいて、少しでも自分たちの存在が子供達の活力となってくれていたなら僕はそこに意味を感じたいです。
日々の生活も日本とはがらりと変わった原始的な生活でありましたが、なに不自由のない日々を送れました。というのもホストファミリーのあたたかさや一緒に過ごした仲間との時間がとても大きかった!毎日おいしいご飯を作ってくれ、お世話をしてくれた家族、一緒に授業を考えたり話をしたりした仲間に感謝です。そして、電気もガスもシャワーも使わない生活は想像以上に快適で、日本での生活よりも良い1日を過ごしている感覚がありました。時間の流れがとても心地よかったです。
また、そういう点で先進国と発展途上国の文化の違いをみることもできました。この差をどう感じるのかはそれぞれあると思いますが、一人一人幸せを見出し生きている、それが全てであって、でもやっぱりみんなが平和な日々を送れる世界になったらなーと恥ずかしながら生まれて初めて少しですが考えてみました^^;
アンコールワットのオプショナルツアーも、素晴らしい1日を歩くことができました。遺跡が醸し出す存在感に圧倒されます。また、カンボジアの歴史を少しでも理解することができたと思います。
最後に、
日にちがものすごくあっという間に過ぎていき、出会った人たちとの別れが辛く、寂しい気持ちでいっぱいでした。しかし、みんながそれぞれ自分の道を進んで行く中で、またどこかで会えるということを信じてこれからを過ごしていきたい、そんなことを思っています。
出会い、そして経験、体験にありがとう。


今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

まず、この経験はきっと忘れない出来事ということが断言できます。自分の心にずっと残るものとして、その時感じた気持ちや考えを大切に守っていきたいです。また、自分の周りの人たちにも伝えていけたらなとも思います。とにかく、今後の自分によい影響を与えられるように、行動にうつしていきたいと思います。

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

とてもよいツアープランでした。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

様々な考えを得ることができる。それは自分を変える原動力ともなりうると思います。迷っている時は、その世界に飛び込む勇気が試される時。それを乗り越えたらきっと良いものが待っている!