• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

すべての経験に感謝!!

  • 評価4つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2015年9月参加
紹介割コードin461554e5a

子どもたちの素直で純粋な笑顔を見て、本当の『幸せ』って何なのか考えるようになりました。

参加前の気持ち

視野を広げたい、現地の様子が見たい・知りたい、現地の生活を体験したい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

 参加のきっかけになったのは、葉田甲太さんの本を読んだことです。自分も何かやれることはないか、もっと広い視野を持って生きてみたいということを思いました。
 自分はこれまで普通に学校に行き、普通に授業を受け、普通にご飯を食べて、といった普通だと思っていたことは、実は普通なんかじゃなく、これだけ環境が整った中で生活できていることにありがたみなど感じる機会が薄れていました。そんな中、葉田甲太さんの本を読み、気付けなかったありがたみに気付き、自分はこれまで不自由なく生きてこれたからこそ、困っている人の手助けをしたいと考え、今回はそのスタート地点として参加しようと思いました。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

今回1週間だけの参加でしたが、今までの自分の人生ではありえないような体験をすることができました。
蛇口をひねれば飲める水・お湯が出て、好きなように電気が使えて、欲しいものはいつでも手に入れることができて
、学校に行けば自分の教科書・文具を使って授業を受けることができるといった、日本の当たり前が通用しない生活、今までの人生からしてみれば不便でしかない生活を経験できました。
しかし、そんな中でも、現地では子ども大人関係なく笑顔に溢れた生活をしており、その姿を見て自分は幸せって何なのか勘違いしてたなぁと思いました。
学校での授業は子どもたちが、元気よく手をあげ発言し、積極的に授業に参加してくれる姿が、とても自分のやる気を出させてくれました。たとえ文化は違っても、学校に行けて授業を受けることができるというのは、とても貴重なことであると実感できました。日本にいただけでは感じることができなかったかもしれません。
孤児院で仲良くなった子どもに夢を聞いたところ、とても大きな夢を持っていました。たとえどんな境遇にあっても、夢を持つのは世界中の子どもたち皆平等です。この誰もが持つ大きな夢を叶えるために少しでも手助けができるのであれば、これからも協力していきたいと心から思うことができました。
教育者を目指す上でも、本当に貴重な経験ができてよかったです。
もう一度行きたいと思ったと同時に、もっといろんな世界を見て視野を広げていきたいと思いました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

今は教育の勉強をしているので、将来本物の教師になれたとき、日本の子どもたちに同世代の世界の子どもの現状を知ってもらい、少しでも誰かのために役立ちたいと思えるような子どもを育てることができればいいと思います。
また、いろんな国の子どもたちと関われるようなボランティアなどに今後も参加したいと思いました。まずは自分の目で世界の現状を確かめることを大切にして世界中動き回りたいと思います。

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

もう一度子どもたちと関わりたい。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

とにかく動き出してみれば、どんな経験も自分の糧になると思います!マイナスになることなんて決してないと思うので、ぜひどんなことも積極的に挑戦してください!!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

ぼらぷらの支援が、子どもたちの将来の大きな力になっていると実感しました。
自分にとっても貴重すぎる経験ができ、今後の大きな糧になりました。
また参加したいと心から思いました。
今後もぼらぷらの支援を応援しています。

ふきだし

その他の応援メッセージを読む