• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

三度目の訪問

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク勉強になった
  • 2013年1月参加
紹介割コードin00722c8ed

子ども達が以前に比べて日本語・英語が格段に上達していて大変嬉しかったです。トンレアップ村学園関係者の方々、VPFの方々、ボランティアの方々の力がこんなにも大きいものであったと再認識しました。

参加後の気持ち

勉強になった

プログラムに参加した理由を教えてください

過去に二度同プログラムに参加しており、引き続き現地でのボランティア活動を行いたい為。初めて現地に行った時から、VPFや皆様の支援によって豊かになっていく現地の姿を自分の目で見たい為。先進国で生活していると忘れがちになってしまう感覚を養うことによって、今後のボランティア活動に役立てたい為。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

本プログラムへの参加は今回で3度目となりました。2年前に初めて参加させて頂いた時から1年おきに参加させて頂いており、今回の参加は前回の参加から1年後となりましたが、そのたった1年間での子ども達、村の方々、村の施設の成長に非常に驚いています。初回参加時には学校の生徒達はおろか、先生方も日本語・英語共にほとんどコミュニケーションが取れない程度のレベルでしたが、この2年間を通して生徒・先生共に日本語・英語が非常に上達し、今までは日本語では意思疎通不可能な子でも、現在はほぼ日本語だけでも日常会話が成り立つ子もでてきて、VPFのボランティアプログラムの成果にただただ驚いております。今回の参加で特に印象的だったのは授業レベルの向上で、過去2回の参加では現地の先生が主体的に授業を行い、ボランティアがそのサポートを行っていたのが、今回の参加ではボランティアが主体的に授業を行い、現地の先生がそのサポートを行うというものでした。過去の参加では授業の質・マンネリ化に疑問を抱いておりましたが、日本人が主体的に授業を行う事によって、より生徒が理解しやすく興味を持ちやすい授業になっていたかと思います。教材も以前使用していたものより格段に質の良い物になっていました。
新たな校舎が建設されたり、村のいくつかの家が増築していたりと、生活面でも向上が見られ、教育だけでなくコミュニティ全体への支援の結果も見る事ができました。
今後、ボランティアプログラムを通じてさらに村が発展していく姿を楽しみにしております。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

改めて国際協力という仕事に対して考えさせられました。現在一般企業に勤めている為、日常的に直接国際協力を行っていくことは困難ですが、現在の仕事を通じて国際協力に貢献、若しくは将来的には国際協力に関わる仕事に就けたら幸いだと思います。

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

リピーターとして参加することでさらに勉強になることがたくさんある為

これから参加される方へアドバイスお願いします!

本プログラムは教育に関するボランティア活動を通じて学べる事・考えさせられる事がたくさんあります。楽しい事ばかりではありませんが、価値観が変わる事ばかりなので、是非参加してみてください。