• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

自分達が学んだこと

  • 評価4つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2013年2月参加
紹介割コードin0375248df

カンボジアでは、人々の暖かさに本当に感動しました。みなさんに出会って、今の自分の小ささに気づきました。ぜひまた参加したいです。

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

私には夢が二つありました。そのうちの一つが、発展途上国に行って支援をしたり、貧しい人々を助ける仕事をすることでした。しかし、やはり自分の生活のことを考えて他の道を選んでしまいました。自分の夢を実現するため、努力する中、私はボランティアの話を耳にしました。これなら私にも何か役に立つことが出来るのではと思い、参加してみることにしました。学校の授業でも、裕福な暮らしをしている人はほんの一握りだと習っていて、いつも貧しい国の人々の生活を見て「かわいそうだね。」と言うことしかできませんでした。だから私は実際に目で見て自分の手で出来ることをしようと思いました。このボランティアを通して、自分の生活も見直せたらいいと思っています。

プログラムに参加した感想は?

本当に勇気を出して行ってよかったとおもっています。カンボジアや発展途上国は、やはり危険なイメージがありますが、現地の人や子供たちはとても温かく、ずっと一緒にいたいと思いました。日本にあってカンボジアにないものはたくさんあったけれど、日本にないものもたくさんありました。寝泊まりさせてもらった家の周りにはたくさんの虫や動物がいて、そしてなによりみんなの笑顔で溢れていました。みんなと一緒にいてもテレビを見たり携帯ばかり触るという日本での生活と比べて、いつでも周りの人と集まってワイワイする環境がすごく楽しく、日本での生活を見直す機会になりました。危ないということで悩んでいたり、迷っている人は、一歩踏み出してみて下さい。行くと必ず得るものがあります。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

この経験を活かして、色んな方向からものを見られる人間になりたいと思いました。世界にはたくさんの人々がいて、それぞれ考え方も異なります。そういう人々に出会って話をして、これからの自分の人生の糧にしたいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

これから参加される方へアドバイスお願いします!

ぜひ、現地でいろいろなことに楽しんでチャレンジしてみて下さい。自分自身も楽しむことで、他の人に与えられる幸せがあると思います。