• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

素敵な出会いで溢れていました

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2013年8月参加
紹介割コードin05297bf5a

わたし!」と叫んで挙手し、当ててくれ!とみんながアピールするのです。また、何回も日本語や英語を自分で読み返して練習したり、自分の発音があっているのか、わざわざ先生に確認しにいく姿が見れました。

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

私は、将来小学校の先生に、なりたいという夢があります。そのためには多くの子供と関わる経験、また世界へ飛びたって視野を広げる必要があると思い、このプランに申し込みしました。これを機に多くのことを学び、それを教師なった際、子ども達に還元したいです。

画像をクリックすると拡大します。

  • 最高!
    最高!

プログラムに参加した感想は?

カンボジアのステイ先についた瞬間、これから一週間やっていけるのか、日本との生活面、衛生面のギャップから不安に煽られました。ところが人というのは慣れるもので、まさに住めば都といった状態になります。毎朝学校へいく途中、全然知らない日本人に対して子どもや大人、とにかくすれ違うカンボジア人全員が「おはよー」「スオスダイ」「バイバイ」と笑顔とともに声を掛けてくれます。日本では考えられないアットホームな雰囲気に、しみじみと幸せを感じていました。学校では授業をするわけですが、子ども達の勉強に対する意欲には圧倒されました。「わたし!」と叫んで挙手し、当ててくれ!とみんながアピールするのです。また、何回も日本語や英語を自分で読み返して練習したり、自分の発音があっているのか、わざわざ先生に確認しにいく姿が見れました。たった一週間ですが、日本へ帰る最終日にはクラス全員の子どもが手紙やお花の冠を作って渡してくれました。涙でしかありません。また、最後にある生徒がこう言いました。「わたし、カンボジアで日本語教える。日本へも行く。日本人大好き。」と将来の夢が日本に関わることであることにも感動しました。子どもに少しでも日本のよさを伝えられたのかなぁ、しかしそれ以上に子どもの学習意欲の高さを感じたことで、わたしもこのままではいけない!負けてられない!と奮起させられました。最高の出会いです!!!

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

子どもに勉強を教える楽しさ、大変さ、とにかくやりがいを感じました。もともと将来の夢が教員志望というこでしたが、ますますその意欲が高まりました!将来、教師になるにあたってカンボジアの子どものようなキラキラした意欲を引き出すような授業をしていえるように、今回の経験を活かしていきたいです。また、カンボジアの学校は教材、教具、文具が整っていなかったり、子どもが着ている服も毎日同じ服であったりと物資に恵まれていないことを痛感しました。今後は寄付など積極的にしていきます!

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

一生の思い出になったから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

とにかく行ってみてください!確かに不安だと思います!しかし得られるものは一生ものです!迷ったら参加!