• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

あっという間の一週間!!!

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク絶対行くべき
  • 2013年8月参加
紹介割コードin070658834

子供達の笑顔!!ほんっとに癒されます!

参加後の気持ち

絶対行くべき

プログラムに参加した理由を教えてください

私は大学1年生の時から海外ボランティアに興味を持ち始めておりましたが、時間などの関係でなかなか実現することが出来ませんでした。興味を持った理由は、テレビでカンボジアの特集を見たことがきっかけでした。そこには、きれいな水を飲めず、病気に苦しむ人々や、教育を受けたくても受けられない子どもたちのように、私の知らない世界が映っていて、強く心に響きました。このテレビを観てから、何か一つでもいい、ほんの些細なことでもいいから、何か役に立てることはないかと本気で考えるようになりました。だが、平和な日本にいる以上、何かできることどころか、現地の様子を知ることすらできないという結論に達し、今回ボランティアに応募させていただきました。参加させていただく以上、最後まで責任をもって自分の精一杯できることを果たそうと強く思っておりますのでお願い致します。

プログラムに参加した感想は?

私がカンボジアのスタディツアーに申し込んだのは、カンボジアの子供たちに何か出来ることがあるのではないかという考えからでした。
このスタディツアーでは、孤児院や小学校に訪れるだけでなく、地雷博物館やカンボジアで実際に働く人たちのお話を聞くことで、ただボランティアを行うというだけでなく、カンボジアの歴史や文化を知りながらいま自分には何が出来るのか、ということも考慮できるプログラムだと思いました。現地へ向かう前、自分は偽善者ではないだろうかということにかなり頭を悩ませました。しかし、家のソファに寝っころがりながら、ボランティアを行う人や現地で働く人を偽善者などと言う権利などないことに気づきました。実際にそのようなボランティアがあるからこそ、教育を受けられる子供や、笑顔で暮らせる子供が増えているのです。実際に現地の孤児院、小学校に行くと、その光景は私の想像とは全く別世界でした。私の勝手な想像だと、貧しく恵まれない子供たちが多くいて、授業も行うことすら精一杯であるのだと勘違いしていました。だが、そこには、子供たちが日本語や英語を楽しそうに学んでいる姿があって、特に圧倒されたのは、みんな目が輝いていることです。私は思わず日本人の学校の姿と比較していましたが、学ぶ環境においては日本の方がかなり恵まれているにも関わらず、カンボジアの子供たちは文句一つ言わず一生懸命勉強していました。いつか、日本やその他の国がカンボジアの支援を行わなくても良くなる時、彼らは大きく飛躍するのではないかとすら思いました。教育面について、日本の教育の現場など、実際に現地を訪れてみなければわからないことが多くありました。子供たちと触れ合う時間では、ただ一緒に遊んで楽しかったでは終わらせないよう、何か自分がカンボジアにきたことを残したいと思い、悩みに悩んだ挙句、子供たちが知らない遊びを教えることを行いました。
私は海外に今まで行ったことがなかったため、かなり不安はありましたが、ガイドさんや同じグループの人達とかけがえのない時間を共有できたこと、もう一度ボランティアや教育について考えるきっかけとなったことなどを通して、このプログラムに参加してよかったと思っています。機会があればもう一度参加したいです。オークン!

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

海外ボランティアは初めての事だったので、自分の中で成長したことが多くありました。この経験を生かして、多くの人に海外ボランティアの魅力について伝えることが出来たらと思っております。そのためにも、今回経験した様々なことを一生の価値ある財産としてとっておきたいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

ツアー内容が明確で、充実した一週間を送ることが出来たから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

きっと不安は多くあると思いますが、現地の人達は優しい方ばかりなので、あまり心配する必要はありません。自分が何を現地でするべきか、よく考えてから行くと良いと思います。

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

スタッフさんのお話を聞く機会もあり、その内容にかなり圧倒されました。これからも現地での活動を応援し続けます!!

ふきだし

その他の応援メッセージを読む