• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

心が洗われる旅

  • 評価4つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2013年8月参加
紹介割コードin07532aeec

子供との触れ合いです。様々な事情を抱えているのにも関わらず、明るく素直でこちらが元気をもらえました。会話は英単語程度だったのですがそれを上回る絆を感じることができました。

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

私は小学校の頃に発展途上国について学び、興味を持つようになりました。現地の状況を実際に見たり、子供達と触れあいたいという思いが年々強くなり、学生最後の夏休みであるこの機会に参加したいと思い、申し込みました。

画像をクリックすると拡大します。

  • 朝3時半起きで行ったアンコールワットの朝
    朝3時半起きで行ったアンコールワッ...
  • 小学校にて。とても人懐っこくお別れが寂しかった。
    小学校にて。とても人懐っこくお別...
  • 孤児院にて集合写真。
    孤児院にて集合写真。

プログラムに参加した感想は?

今回私が行ったカンボジアスタディーツアーでは、地雷博物館や孤児院、ベンメリア宮殿にアンコールットなどを訪問し、カンボジアを存分に学ぶことができました。カンボジアの街は思ったよりも栄えており、人も温かかったです。しかし、着ている服はボロボロで裸足の人もたくさんおり、まだまだ貧困な部分が残っていました。そんな今回の旅の一番の目的は孤児院訪問でした。短い時間でうまく溶けこめるのだろうかという不安もあったのですが、バスを降りた瞬間たくさんの子供たちが笑顔で出迎えてくれ、すぐにその不安は解消されました。ビーズでアクセサリーを作って遊んだのですが一緒に遊んでいた女の子が作ったネックレスを「for you」といい私につけてくれました。またその子は自分自身のネックレスも作り「same」と明るい笑顔で言ってきてくれたのです。なんて素直で可愛い子供なんだ。と、言葉が通じなくても純粋な気持ちをもらい感動しました。もらったネックレスは一生の宝物です。日本に帰って来て、親元で何不自由なく生活できることに改めて感謝するとともに、この旅で得たことを糧にして、これからの将来につなげていきたいと思いました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

今後更に支援したいという思いが強くなるました。しかし一人では限界があると思い、周囲にも呼びかけることが大切だと思います。
向こうの現状を話し、協力したいと言ってくれる人と一緒に募金や衣類をおっくたりなど小さなことからでもやっていきたいなと思います。

画像をクリックすると拡大します。

  • おそろいのネックレスと折り紙で花束を作ってくれた。
    おそろいのネックレスと折り紙で花...
  • みんな集まってきてくれ嬉しかったと共に、とても楽しい時間だった。
    みんな集まってきてくれ嬉しかった...

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

添乗員の方も温厚で文句なしのプログラムだったから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

毎日がとても充実しています。自分の目でしっかり勉強してください。あと、スリには気をつけて!