• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

一年経って

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2013年9月参加
紹介割コードin07789f7e4

笑顔の素晴らしさと心の豊かさについて考えさせられました!

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

以前からボランティアに興味があったが、なかなか行動に移すことができず、そんなときにポスターを見てこのボランティアの存在を知り参加したいと思ったため。また、カンボジアの現状についてはメディアなどで軽く知ってはいたが、実際に自分の目で見て感じたかったのと、そして何より、少しでも現地の人達に貢献したいと思ったため。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

この感想文の提出は一週間以内とされていましたが、帰国直後は感じたことや思うことが多くありすぎてなかなか自分の中で整理できずにいました。そして約一年経ってこの感想文を書こうと思いました。
まず、カンボジアのスタディーツアーに参加して一番に感じたのは、現地の人々の眩しい笑顔でした。観光地のみならず、目が合ったらほとんどの人がにこっと微笑みかけてくれたことに驚きました。日本でもいないわけではないですが、目が合ったら訝しげな顔をされるか目をそらされるかがほとんどです。そして、微笑みかけるというほんの些細なことが、人をこんなにも幸せで穏やかな気持ちにするのだなと知りました。
そして、夢に向かって真っ直ぐに一生懸命な子どもが多いということにも感銘を受けました。日本よりはるかに教育や生活環境が整っていないにも関わらず、それぞれが自分の夢のために一生懸命勉強していました。当時、就職活動を目前としていた自分は色々な前提条件ばかり考えていたので、子ども達の姿を見て今一度自分の人生について考え直すことができ、具体的な目標もできました。
この他にも、貧困の差や、物乞いの多さ、地雷のことや、虐待を受けたり親のいない孤児院の子ども達の表情が暗いこと、衛生環境の悪さなどによって日本では軽い下痢などの症状が重病となっていることなど、多くの現状を目にして肌で感じて知ることができました。何かしてあげたいと思っていたことが恥ずかしくなるくらい、自分がちっぽけな存在だということも思い知りました。
それでもこの経験は私にとってかけがえのないもので、仲間やガイドさんや現地の人々のおかげで楽しくツアーを回ることができて良かったです。また必ず訪れたい!と思いました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

海外のことのみならず、世の中にはべつに知らなくても生きていけるようなことがたくさんあるけれど、世界で起こっていることや現状に目を向け、「知る」ということはとても大切なことだと感じました。自分が見て感じてきたものをできるだけ多くの人に伝えるのが今の自分にできることだと思います。私はこれだといえるものが写真しかないので、これからもたくさんのことを知りに色々な場所へ行き、写真を通して多くの人にそれらを知ってもらえるように伝えていく活動をしていきます。

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

旅とボランティア、貴重な経験をたくさんできるから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

色々不安に思うこともあるかもしれませんが、そんな不安は行ってしまえばなくなります!考える前にぜひ行動してみてください!