• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

魅力ある人々達との出会い

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク絶対行くべき
  • 2014年2月参加
紹介割コードin08284d85b

see youはない!see you again!

参加後の気持ち

絶対行くべき

プログラムに参加した理由を教えてください

私が海外ボランティアに参加したいとおもった動機は、以前に東日本大震災があった被災地の子ども達を対象とした、あそびを通じて関わるボランティアに参加をしたのがきっかけでした。
以前からカンボジアの子ども達に興味があったこともあり、学童の子ども達と関わりながらも、カンボジアの子ども達は、どのような生活や、思いなどをもっているんだろう、何か私にも力になれることがないか、、と思い、参加を希望させて頂きました。
また、先日のボランティアデーに参加させて頂いたことで、より強く決意しました。

画像をクリックすると拡大します。

  • 養護施設の子ども達と 本気で腕相撲! 小学生だと甘くみてたら、、あら、、
    養護施設の子ども達と 本気で腕相撲...

プログラムに参加した感想は?

カンボジアでのボランティア活動は、今までには経験したことがなかった、たくさんの感情が湧き、人として大切なことを学ぶことができた、かけがえのない一週間となりました。
カンボジアでは、
今も、何万もの地雷が埋まっていて、危険が存在している現状。
生きていくために、親は子と離れて働いている現状。
子どもは、学校に行かず家族を守るために、日本人に嫌な顔をされても「1ドル」と何度も伝えて、マッサージや写真を売る姿。
水頭症などの病気の子を持つ親は観光客が集まる場所でその子どもを抱え、寄付をお願いする姿。
病院では、診療するだけでも、何日も外で並ぶ姿。
学校に通っている子ども達は、ノートを繰り返し使い、一生懸命 夢に向かって学ぶ姿。
深刻な貧困の悩み。
私は、日本では考えられない場面に衝撃を受け言葉が出ませんでした。
しかし、カンボジアの人々は、人思いで心の豊かさが現れていました。

孤児院の子ども達とあそぶ際に、あそびのルールを伝えるのが難しく困っていましたが、子ども達は、そんな私の意思を理解しようと一生懸命になっていました。
ルールを伝えられ、みんなで、全力であそびを楽しむことができると、大喜びでハイタッチ!笑顔が溢れ、その瞬間、感動でした。
国が違っても相手を想い、伝えようという気持ちがあれば、言葉を超えて笑顔になれるのだと思いました。
今でも、子ども達のキラキラした笑顔は、忘れられない私の宝物です。

ボランティアの仲間は、地方も年齢も違ったけれど、この素敵なきっかけで、最高の仲間と出会うことができました。
本当にありがとうございました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

カンボジアの現状に触れ、様々なことを学んだ一人として、たくさんの人達に現状を伝えて、支援へと繋げていきたいです。そして、もっとカンボジアについて勉強し、能力を高めてカンボジアに行き、笑顔が広がる支援を続けていきたいと思います。
そして、あたりまえだと思っていた日常に感謝し、人との繋がりを大切にして過ごしていきたいと思います。

画像をクリックすると拡大します。

  • ウスノロバカマヌケ ゲームは、世界中の小学生が大好き
    ウスノロバカマヌケ ゲームは、世界...

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

カンボジアの子ども達ともう一度あいたい。この経験を生かしたい。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

ボランティアに参加したいな、、とおもった瞬間、絶対に参加するべきです!素敵な同志と出会うことができます!自分で足を運んで自分の目でみて触れることに意味があります!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

ぼらぷらの説明会でお世話になった星野さん、現地にいってみるとそこには、星野さんがいました。その時、私はこのボランティアにはきっと素敵なことが待っている予感がしました。活動中もみんなをまとめ、カンボジアの良さを伝えてくれました。
そして、ガイドさんは、日本とカンボジアの良いところ、悩むところを教えてくれました。とても温厚な方ですが、芯があり、努力家の方でした。私達が、最初お店の飲み物を飲むのに少し抵抗があり、ペットボトルの水を飲んでいると 「日本人はお店で自分の飲み物を飲まないよね」と伝えてくれました。日本人は、カンボジアの人々よりも欲深いのだな、、とすこし他人事のように思っていた私でしたが、私も自分のことしか考えていない行動をしていると気づかされました。とても素晴らしい2人のスタッフと出会うことができ幸せでした。

ふきだし

その他の応援メッセージを読む