• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

はじめてがいっぱいでした!

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2014年9月参加
紹介割コードin099120e14

雨期であるにもかかわらず、ほとんど雨が降りませんでした。降ったとしても、観光する際に止んでしまうという感じで本当にラッキーでした!

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

高校時代、外国の方々と関わる機会が何度かあり、ボランティアに興味を持っておりました。そして大学生のいま、自分も実際に行動をおこしてみたいと思い、参加を希望しました。いくつかある国の中、カンボジアを志望した理由は、その国自体に興味を持ったからです。発展途上であるといえるこの国の生き方や文化を感じ、体験し、自分の人生の経験に活かしたいと思います。

画像をクリックすると拡大します。

  • 綺麗な空
    綺麗な空
  • でっかい木です!
    でっかい木です!
  • アンコールワット
    アンコールワット
  • じゃ〜んぷ!
    じゃ〜んぷ!

プログラムに参加した感想は?

はじめ、カンボジアへの乗り継ぎの飛行機がキャンセルになってしまうという事態が起こり、カンボジアへちゃんと着くかどうかすら不安に感じてました。しかし現地へつくと青空と温かい人たちが迎えてくれて、気持ちの良い気分で活動することができました。地雷博物館やベンメリア遺跡、アンコールワットなどの遺跡からカンボジアの歴史を学ぶことができました。さらに現地で活躍する日本人の方からお話を伺いました。カンボジアの教育は普及してきているが、まだまだ小さな村などには及んでいないということ、遠くに住む人々が病院へ通うのには生活を崩さなければ通えないという例があるということなどです。わたしたちは義務的に近くの学校へ通うことができるし電化製品にあふれた生活をしています。さらにはケガや病気をすればすぐにでも病院へ行くことができます。日本人にとっては当たり前のこの生活が、カンボジアでは違ってくる場合があるそうです。実際に電気の通っていない村の小学校へも訪れました。しかし子供たちは不便さをみせずに明るく元気に遊んだり勉強をしていました。子供たちは本当に人懐っこくて暑い中元気に走り回っていました。そんな様子をみて、自然とわたしも元気を与えてもらいました。カンボジアでの生活ははじめ慣れるのに時間がかかりました。しかし現地の方に温かく、寛大に受け入れていただき、充実した日々を過ごすことができました。一緒に過ごした仲間や子供たち、お世話になった方々に本当に感謝しています。オークン!

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

カンボジアでは食べ物から生活の様子、文化など様々なことが日本と異なり、日々新しい発見がありました。勇気を出してこのスタディーツアーに参加してよかったと思います。今回の経験をきっかけに、さらに違う国の文化も知りたいと思うようになりました。そのためにお金を貯めて次は違った環境へも挑戦してみたいです。

画像をクリックすると拡大します。

  • ベンメリア遺跡
    ベンメリア遺跡
  • 小学校の集合写真
    小学校の集合写真
  • アンコールワットで!
    アンコールワットで!

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

充実した内容だったから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

積極性が大事だと思います!