• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

忘れられない学生最後の大きな思い出

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2014年8月参加
紹介割コードin1063767ca

言葉が通じなくてもこんなに仲良く、心が通じることができるんだと実感しました。

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

四年生なので学生最後の夏休みで残された時間をやりたいことに費やそうと考え、アジアの発展途上国にもともと興味がありその中でもカンボジアには行ってみたい、自分の目で現状などを見てみたいと思っていました。観光では知ることが出来ない孤児院やNGOの訪問があるボランティアでより一層その国を理解し、私の経験を多くの人へ繋げていきたいと思い、参加しました。

画像をクリックすると拡大します。

  • みんなでお揃いのTシャツとアリババ
    みんなでお揃いのTシャツとアリババ
  • お花をとって髪につけてくれました
    お花をとって髪につけてくれました
  • 孤児院で一緒に折り紙
    孤児院で一緒に折り紙

プログラムに参加した感想は?

最初から最後まで楽しい思い出しかありません。もちろん行く前、飛行機の中ではたくさんの不安でいっぱいでした。でも着いてからはボランティアをしてみたかった、カンボジアに行きたかったという同じ共通点を持った仲間と出会い、すぐ打ち解けられ、いまではまた絶対どこかで集まろうねって約束するくらいかけがえのない友達になっています。そんな素敵な仲間たちと過ごす1週間は毎日が刺激的で絶対日本にいたら感じることの出来ない体験がたくさんありました。もちろん日本と比べるとカンボジアはまだまだこれから成長する発展途上国で、道が土でガタガタだったり、シャワーが冷水だったり、トイレがバケツに水を汲んで流すタイプだったりと、日本では考えられない生活をしています。カンボジアのほとんどの人が日本にとても憧れを持っていて、日本人に優しく接してくれます。きれいでなに不自由のない生活を当たり前にしている私たち日本人がそこまで憧れる存在になっているのが恥であるようにも感じました。毎日一生懸命日本語の勉強をしたり、親の仕事を手伝ったり、ただぼーっと過ごしていることが多い日本人の方がカンボジア人を尊敬する存在だと私は思います。日本人がどんなに裕福な暮らしをしているかを痛感させられる1週間でした。帰ってきてから、日本はやっぱりいいなと思うより、カンボジアの暮らしはいいな、また行きたいなと思うことの方が多いことに自分でも今驚いています。それほど素敵な1週間でした。カンボジアの人たち、一緒のグループだった仲間たち、スタッフの皆さん、みーんなにオークン!

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

私たちがカンボジアに行ってどう貢献出来るのかということはずっと頭の中にありました。でも行かないでなにも行動に起こさないよりかは行った方が何か誰かを支援出来ていると思えます。今回のことでやらないよりはやるという考えが私の中で大きくなり今後もやりたいことがあったらすべてチャレンジして行きたいと思います。そしてこの経験を多くの人に伝え、カンボジアの良さを知ってもらい、一人でも多くの人をカンボジアに行ってみたいなと思わせ、カンボジアのためになったらいいなと思います。

画像をクリックすると拡大します。

  • 孤児院で一緒に折り紙
    孤児院で一緒に折り紙
  • アンコールワット!
    アンコールワット!
  • 小学校の子達とみんなで
    小学校の子達とみんなで

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

素敵な出逢いと素敵な体験が出来るから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

とにかく行ってみてください。行って後悔することは絶対にないです。