• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

元気な人たちに出会えた!

  • 評価4つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2015年3月参加
紹介割コードin116528c71

こんなにも熱いエネルギーを感じられるとは思いませんでした。現地の人々はとても元気でたくさんの笑顔が見られました。こんなに楽しい国なら是非また行きたいです!

参加前の気持ち

現地の様子が見たい・知りたい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

保育関係の勉強をしていて、海外の子どもの様子について興味がありました。昨年、オーストラリアの幼稚園でインターンシップをしたので、そこでの経験も踏まえ、ボランティアとしてカンボジアの子どもたちに何かできることがあるなら!と思い、参加を決めました。また、自分を見つめ直すきっかけにもしたいと思いました。

画像をクリックすると拡大します。

  • アンコールワットでの集合写真!
    アンコールワットでの集合写真!

プログラムに参加した感想は?

私は今回のツアーでカンボジアへ行くまで、カンボジアという国について正直あまり良い印象を持っていませんでした。発展途上国で治安が悪く、不衛生、人々に元気がないなど、マイナスイメージがほとんどです。しかし、実際にカンボジアへ行ってそのイメージは大きく変わりましたりました。
特に人への印象の変化が一番大きいです。ツアーに日本語学校への訪問が含まれていました。そこではとても熱心に日本語を勉強する生徒さんに出会うことができました。みなさん、「憧れの日本」へ行くために頑張っているそうです。別の日に訪問した村の小学校や孤児院でも日本語が学ばれていました。子どもたちが上手な日本語であいさつをしてくれる姿は、とてもかわいらしかったです。またマーケットやお土産屋さんで働いている人たちからも、日本語を聞くことができました。カンボジアという異国の地でこんなにも日本語を聞くことができるとは、驚きでした。そして同時にカンボジアの人々のエネルギーを感じました。生活していくために、夢を叶えるために、みんな必死に生きているというエネルギーでした。
この人たちのために、もっと何かしたいと思いました。私1人にできることはとても小さいけれど、それでも何かしたいと思いました。
カンボジアで過ごした一週間は、私にとって本当にかけがえのない大切な時間です。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

日本でもカンボジアでも子どもたちのキラキラした笑顔は同じでした。今、私は保育の勉強をしていますが、最近本当に将来保育士になるかどうか少しなやんでいました。しかし、子どもたちと交流して、やっぱり私は子どもが大好きだと、改めて感じました。「保育士になる」とは言い切れないけれど、子どもと関わる仕事に就くことは確実です。今後、子どものために何ができるのか、を念頭に置き勉強していきたいです。

画像をクリックすると拡大します。

  • 孤児院でのカレー作り前にパシャッ!
    孤児院でのカレー作り前にパシャッ!

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

今回のツアーが楽しかったから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

本当に良い経験ができるはずです!自分自身から楽しもうとすれば、何でも楽しいし、仲間もできます!ぜひ楽しんできてください!