• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
体験談グランプリ

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

実際に行かなきゃ分からなかった

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク視野が広がった
  • 2015年9月参加
紹介割コードin462478ad5

行ってみなければ知れなかったこと、感じられなかった気持ちがあった。自分の目でみたものは忘れない。

参加前の気持ち

現地の治安が心配、視野を広げたい、成長したい、現地の様子が見たい・知りたい

参加後の気持ち

視野が広がった

プログラムに参加した理由を教えてください

私は依然から途上国への支援活動に興味を持っていました。大学入学後、講義でコンサルタントの方やNPOの方など国際協力の場で活躍する様々な人のお話を聞く機会があり、海外ボランティアにより興味を持ちました。講義のなかで先生方が共通しておっしゃっていたことは自分の目で見なくては途上国の現状は分からないということでした。今の私でもできることは何かを考えたとき、スタディーツアーやボランティアに参加し、まずは現地について知ることが大切だと思いました。担当の先生の専門がカンボジアであったため、特にカンボジアに興味をもち、スタディーツアーへの参加を決めました。

プログラムに参加した感想は?

今回この活動に参加してみて、自分がカンボジアに対して「発展途上で危険も多い国」という先入観を持っていたことに気づかされました。異国だとしても人の温かさは変わらなくて、それはカンボジアも同じ。そしてカンボジアの人はそれ以上に向上心をもっていると感じました。とてもうれしく感じたことは日本語を勉強することがカンボジアの人々にとって夢を叶える手段の一つになっているということです。家族のため、自分の将来のため、夢を持ち懸命に努力している人たちがそこにいました。7日間でさまざまな暮らしをみて、発展している町の様子に驚かされたりもしました。もちろん日本とは異なった社会状況の中でつらい現状におかれている人もいるけれど、すばらしい伝統文化と気さくで温かい人のいるこの国は、これからも大きく成長していく力を持っていると思います。そしてなによりもこの一週間で教育の大切さを感じました。教育があって新しいことを知ることで、人の世界は広がり夢をもてます。今回カンボジアについてより知って、自分の世界も広がり、現地の人に日本について話すことでその人たちの世界も広げることができたと感じます。カンボジアは「温かくエネルギーのある素敵な国」です!自分の価値観を変える経験ができました。出会った人みんなに感謝します。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

まずは知ることが大切だと思います。ボランティアというと相手のために何かをすることだと感じていたけれど、自分が何かを知り、経験することでもあると思えました。同じものでもどう感じるかは人それぞれであるし、どんな形でも現地と関わっていくことが次につながると考えました。イメージや価値観が変わった今回の経験を忘れず、これから自分で見る、感じるという姿勢を大切にして物事に取り組んで行きたいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

良い経験ができたから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

現地は素敵な出会い、経験であふれています。同じ思いで全国から来ている様々な立場の人たちと経験を共有できることは本当に良いことです!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

丁寧にサポートして下さりありがとうございました。現地のスタッフさん、ガイドさん、本当にお世話になりました!
ガイドさんがユーモアも交えながら案内してくださったので、楽しく過ごすことができました。
カンボジアでの一週間は自分のこれからにつながる意義のある経験であり、大切な思い出です。

ふきだし

その他の応援メッセージを読む