• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

一週間の体験が一生の思い出に!

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2017年9月参加
紹介割コードin59696cf10

とにかく日本にはないもの、ことすべてに感動しました!

参加前の気持ち

1人参加で不安、視野を広げたい、成長したい、人の役に立ちたい、将来の進路に活かしたい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

私がこのツアーへの参加を決めた時は、カンボジアのことについてはほとんど知りませんでした。
内戦のことや、ポルポト政権の支配のことなどはなんとなく知っていましたが、どんな人が住んでいて、どんな暮らしをしているのか。何を食べているのか。カンボジアには何があるのか。とにかく何も知らない状態でした。
大学3年の夏休みなので、せっかくだから今までやったことないことにチャレンジしようと思い、海外に行くことを決めたのですが、どうせならみんなが行くリゾート地や観光地でなく、自分が全く知らない未知の世界に行ってみようと思い、カンボジアのスタディツアーに参加することを決めました。

画像をクリックすると拡大します。

  • カンボジアの子どもたちの写真です!
    カンボジアの子どもたちの写真です!

プログラムに参加した感想は?

カンボジア一番の観光地アンコールワットはやはり圧巻で、昔のカンボジアの人々がどうやって、どんな思いでこれを造ったのか考えさせられました。また、堀りかけのレリーフや柱に食い込んだままの銃弾からも歴史が感じられました。
孤児院の子どもたちの屈託のない笑顔からは、こちらが元気をもらえ、私たちも子供の頃に戻ったような気持ちで全力で遊びました。
また、この経験以外にも、移動のバスの中から見える街並みや、カンボジアの方々の普段の生活を見ることができました。
牛が道路を歩いていたり、子供たちが朝早くから洗濯をしていたり、一家4人で一つのバイクに乗って移動していたり、とにかく見るもの全てが新鮮で、驚きが絶えませんでした。
日本で生活してて当たり前だと思っていたことはカンボジアでは全く当たり前ではなくて、いかに今の自分の当たり前が恵まれたことであるかが分かりました。しかし、だからといってそれがかならずしも幸せなわけでなく、逆に日本が見習うべきカンボジアの当たり前も感じることができました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

カンボジアの人々は優しい人ばかりで、本当に温かくて愉快な国だと思いましたが、少しでも都市を出ると街灯がなく真っ暗だったり、道路の整備がほとんどされておらず、もし夜道をバイクで走るとなるととても危険だと感じました。
また、アンコールワットのような表向きは綺麗な観光地でも、裸足の子供たちが観光客にすがるように物売りをしているという光景が見受けられ、実際に私もその子どもたちから扇子やマグネットなどを買いました。この観光地と物売りの子供たちのようなカンボジアの表と裏のギャップはいたるところで感じられました。
こういったインフラ整備や、貧困に苦しむ人々の支援など、まだまだこの国には解決すべき課題が沢山あると思いました。
これらの課題の解決のためには、まず多くの人にこのカンボジアの現状を伝えていかなければなりません。
カンボジアのこれからの発展のために、カンボジアのことをアジアの発展途上国ぐらいにしか思っていない人たちに、カンボジアは本当に素晴らしい国だけど、支援を必要としている人たちは沢山いるということを伝える活動をしようと思います。

画像をクリックすると拡大します。

  • お花を取りたい女の子を肩車しています
    お花を取りたい女の子を肩車しています
  • 折り紙が人気でした。
    折り紙が人気でした。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

非常にサポートが手厚く、安心して参加できたからです。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

必ず大きな成長を感じられる旅になります!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

私たちのガイドをしてくれた現地スタッフさん!優しくておもしろくて最高でした!ありがとうございました。
出発前にも、日本のスタッフの船橋さんや、事務局の方々がメールや電話などでサポートしてくれたおかげで、安心してツアーに参加することができました!ありがとうございました。また参加させていただこうと思っていますので、その時はよろしくお願いします。

ふきだし

その他の応援メッセージを読む