• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 青年海外協力隊スタディツアーへの海外ボランティア

希望の国カンボジア、世界観が変わった8日間

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク絶対行くべき
  • 2014年9月参加
紹介割コードin1121168df

「百聞は一見に如かず」途上国の見方が変わる一週間。日常では考えられない程の貴重な体験でした。

参加後の気持ち

絶対行くべき

プログラムに参加した理由を教えてください

以前より、海外ボランティア活動に興味をもっており、開発途上国の実態や実際に現地で活動されている方のお話を伺いたいと考えていました。大学で、国際協力の分野を専攻していることもあり、自身の大学での学びに繋げたいと思い参加しました。

画像をクリックすると拡大します。

  • 衛生的とはいえない病室
    衛生的とはいえない病室
  • 電気は通っているもののしばしば停電に
    電気は通っているもののしばしば停電に

プログラムに参加した感想は?

現地での活動として、カンボジアJICA訪問・現地病院視察・孤児院訪問など8日間を通し、途上国の現状を見聞きしてきました。舗装されていない道路、低い電化率、物乞いをする子供たち、不十分な医療設備。途上国に訪れるのは今回が初めてだった私は、想像以上に日本とは異なる世界に驚きを隠せませんでした。しかし、ツアーに参加して一番印象に残っているのは、現地の人々の笑顔でした。明るく親切で、とても心の広い彼らの笑顔は、忙しなく日常を送る日本人にはないもののように感じました。親を無くした孤児院の子供たちも、純粋な瞳で、私たちを温かく出迎えてくれました。途上国というとマイナスイメージが強いというのが大多数の意見だと思います。しかし、彼らの笑顔を見て私が感じたのは大きな希望であり、途上国のイメージが変わった瞬間でもありました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

カンボジアから遠く離れた日本からでは、直接的な支援をすることは難しいと思います。しかし、考えることはいつでも、どこでもできます。大学では国際協力について学んでいます。効果的な援助とは何か、現地の人々は何を求めているのか、常に考えアンテナをはることが、支援に繋がると考えます。

画像をクリックすると拡大します。

  • 純粋な目でカメラ見つめる子ども達
    純粋な目でカメラ見つめる子ども達

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

一人では不安な途上国でも、ツアーという形で気軽に参加できるから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

途上国は決してマイナスイメージばかりの国ではありません。途上国に行ったことのない人も、現地の人々の優しさに触れることで、世界観が変わること間違いなし!