• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
体験談グランプリ

フィリピン スタディツアー AE-2015.3.31への海外ボランティア

たくさんの出会いと学びに感謝の6日間

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2014年8月参加
紹介割コードin094816890

どんな状況でも笑顔で前向きな姿勢でいることを教えてくれた、最高の旅に感謝!

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

 大学生のうちに、ボランティアをしてみたいという気持ちがあり、友達と一緒に海外ボランティアに参加することを決めました。英語がほとんどできない、海外に行ったことがないなど不安なことがたくさんありますが、ボランティアを通して自分の考えや行動が変わるような体験ができたらいいなと思っています。

画像をクリックすると拡大します。

  • まつりまつり、似合うね〜
    まつりまつり、似合うね〜
  • シャボン玉と天使!
    シャボン玉と天使!
  • 短い時間ですぐに仲良しに
    短い時間ですぐに仲良しに
  • 給食いただいてます
    給食いただいてます

プログラムに参加した感想は?

 初めての海外、英語にも自信が持てず、6日間フィリピンに行くなんて大丈夫なのだろうか、子どもたちとうまく関われるのだろうか、というのが最初の心境でした。しかし実際にフィリピンに着くと、一緒に参加した仲間ともすぐに意気投合でき、ガイドさんも優しく、すぐに不安から解消されました。
 現地では、見るもの感じることすべてが新鮮でした。ショッピングモールがあり、普通に買い物をして生活している人たちがいる中で、いざ外に出ると、物乞いや海岸でまだ使えそうなボトルを探している子どもたち、路上で眠っている赤ちゃんがいることに、貧富の差がここまで露骨に存在するのかと複雑な気持ちになりました。
 フィリピンには、さまざまな事情で生活が困難になった人々がたくさんいます。ストリートチルドレンも、父親に養育を放棄されたために生計を立てることや養育が難しくなっている母親と子ども、心に深いダメージを負っている人、お年寄り、現地ではそのような方たちと実際に関わることができました。一番に感じたことは、どんなに困難な状況にいても、みんなが前向きで笑顔だということです。関わっていてこちらが逆に元気をもらうほどでした。さらに、生活が困難な人たちを支えるための施設を訪問しましたが、路上で生活する人たちを見て、フィリピンの人々を救うためにはまだまだ数は足りてないと実感しました。
 日本とは違う環境・文化が存在し、普段自分が当たり前だと思って生活していることが、いかに幸せなのかを感じる6日間であったと思います。
 子どもたちや施設のみなさんが温かく受け入れてくれたこと、一緒に参加した仲間と最高の時間を過ごせたことにとにかく感謝しています。ありがとうございました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

 現地で見たもの、感じたことをたくさんの人に伝えて行きたいです。さらにフィリピンでの体験を活かし、最終的にフィリピンの現状に少しでも貢献できるような活動ができたらいいと思っています。
 大学で環境の分野を学んでいることもあり、自分の学びにこの体験を活かしていきたいです。

画像をクリックすると拡大します。

  • 1列に並んで給食を待ちます
    1列に並んで給食を待ちます
  • こんな細い通路で生活してる
    こんな細い通路で生活してる
  • 海でゴミを拾ってます
    海でゴミを拾ってます
  • 最高の笑顔いただきました!
    最高の笑顔いただきました!

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

得るものが多かったから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

絶対に参加するべき!得るものがたくさん!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

 最初から最後まで優しくサポートしてくれて、プランも充実していました。忘れられない最高の旅を提供していただき感謝しています。ありがとうございました!

ふきだし

その他の応援メッセージを読む