• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
体験談グランプリ

フィリピン スタディツアー AE-2015.3.31への海外ボランティア

目でみて、肌で感じて

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2015年2月参加
紹介割コードin12034f45a

たった6日間だったが、こんな濃い6日間は、ないと思う!

参加前の気持ち

1人参加で不安、視野を広げたい、将来の進路に活かしたい、現地の様子が見たい・知りたい、子どもたちと交流がしたい

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

私は大学4年間で、さまざまなボランティアに参加してきました。そのなかで、たくさんの学びがあり、またであいがありました。自分のちからはわずかですが、それでも誠意をもって接することで、自分でも誰かを元気にすることができるということを知りました。この気持ちを、以前から興味があった海外ボランティアでも感じてみたいと思い、学生最後のいま、参加してみようと思いました。

画像をクリックすると拡大します。

  • スモーキーマウンテンの子どもたち
    スモーキーマウンテンの子どもたち
  • ストリートチルドレン
    ストリートチルドレン
  • ストリートチルドレン
    ストリートチルドレン
  • ストリートチルドレンと遊んでいます
    ストリートチルドレンと遊んでいます

プログラムに参加した感想は?

一人で参加しました。不安と期待が半分ずつ。一緒に活動する人たちとは、すぐに仲良くなれました。プログラムとしては、ストリートチルドレンへの奉仕活動や一緒に遊んだり、スモーキーマウンテン視察、孤児院見学など。フィリピンの感想は、暑い。気候が日本とは違うなあとまず感じました。活動内容では、孤児院にいる子どもたちや老人施設にいる方と少し交流んすることから始まりました。そして、スモーキーマウンテンに出向いたところ、確かに今までみたことのない光景でしたが、思っていたよりひどくはなく、少しずつよくなってきているみたいでした。
ストリートチルドレンへパンとアイスを配給し、一緒に遊びました。そこで一番思ったことは、子どもたちはおんぶをせがんでくること。男女関係なく、無理矢理にでもおんぶしてもらおうと、行動や顔で訴えてきます。おんぶをしてもらうという習慣がないのでしょう。ただ、一人にするとみんなせがんでくるので、少し考えものでした。
中高生と交流したときは、考えもしっかりしていて、バスケやバレーをしたり、いろいろな話をしした。
JFCの施設にいき、初めてJFCというものを知りました。話を聞いて、思わず涙を流しました。こういうことを日本の人たちに少しずつ伝えていけたらいいなと思いました。共にバナナダンスをしたことは、私の一番の思い出です。
たった6日間でしたが、フィリピンでの6日間は、フィリピンの生活、貧富、気候を肌で感じ、歴史と現状を知り、フィリピンの人と友達になり、一緒に活動した日本の方たちとも仲良くなり、私にとって一生の思い出になりました。私に何ができたかはわかりませんが、この目でみたこと、肌で感じたことは本物です。忘れずに生きていきたいと感じました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

私は春から小学校の教員です。目の前の子どもたちと関わるときに直接は関係しないかもしれませんが、自分の目でみて、肌で感じたことは必ず子どもたちに伝えることができると信じています!言葉で、表情で伝えてきたいと考えています。

画像をクリックすると拡大します。

  • ストリートチルドレンとの集合写真
    ストリートチルドレンとの集合写真
  • 中高生とコミュニケーション
    中高生とコミュニケーション
  • JFC保護の団体の方たち
    JFC保護の団体の方たち
  • スモーキーマウンテンの子どもにお菓子をあげました
    スモーキーマウンテンの子どもにお...

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

一生の思い出になり、自分の経験値が増えたから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

ボランティアといっても、いろいろあります。不安もあると思いますが、行ってみることだけでも立派なボランティアだと思います。ぜひ勇気を出して行ってみてください!