• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タイ 山岳民族支援ボランティアへの海外ボランティア

文化の違いに驚き、楽しみ、考えさせられた

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク素敵な出会い
  • 2012年9月参加
紹介割コードin031064aec

言葉が通じなくても、文化を知らなくても、人は仲良くなれます。日本人を含めて、様々な人との出会いに感謝!!

参加後の気持ち

素敵な出会い

プログラムに参加した理由を教えてください

私は今まで旅行ですら海外に行ったことが無く、そのことを恥ずかしく思っていました。なかなか勇気が出せずにいました、あるきっかけから自分がいかに消極的に生きていたかを反省して、そんな自分を変えたいと思い参加することを決めました。

プログラムに参加した感想は?

日本とタイの文化や風習の違いに驚きつつも楽しみながら活動する事が出来ました。比較的生活水準が高い日本から見ると、どうしても山岳民族の生活は貧しいように感じ、最初は戸惑いました。それでも短い間ではあれ、一緒に現地の方と同じものを食べ、一緒に遊んで行くうちに無意味な偏見がだんだんなくなっていきました。今なら文化に貴賎はないと言い切ることができます。確かに多少生活しずらい一面もあるかもしれません。それはあくまで日本人の目線から見た感想であり、現地の人の常識からしたら問題にすらならないことです。実際村には電気も満足に通っていない現状がありつつ、携帯電話や携帯音楽プレイヤーがあるなど多少奇妙な光景も広がっていますが、そのことによって劇的に生活を変えていくような動きは見受けられませんでした。その国や地域がどういった生活をしていくのが望ましいのかは、そこで生活している人が決めることで、そのことに関して勝手に評価をくだすことはあまりに傲慢である。そのように考え始める事ができるようになっただけでも私にとって大きな成果であったということができます。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

民族というものに興味をもつきっかけを作れたため、今後勉強をしていこうと思います。というのも、チェンライの商人とアカ族とラフ族のそれぞれの性格があまりに違ったからです。原因は使用言語の違いからのタイに対する帰属意識の差であると考えました。お互いにコミュニケーションをとることができないほどに言語が違い、そもそも民族はタイ人であるという自覚はないそうです。そういった意識の中一方的に政府に規制を加えられ、民族は急激な変化についていけていない現状があります。歴史に興味を持つことができ、また、日本の琉球やアイヌなどの問題にも関心が広がっていき、またひとつ見識を広げる事ができそうです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

こういった活動は自分の肌に合っていると感じるから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

日本と違うスローライフを楽しんでみませんか?サポートをしてくれる方もいい方たちなので、不安に思うことはありません。