ぼらぷらLINE@始めました!

海外ボランティア派遣の説明会情報や
お得なクーポンなどを配信中!

友達追加 

ID;@vpf1

画面を閉じる

ぼらぷらブログ!ほぼ毎日更新

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

春募集開始キャンペーンサイドバナー

秋冬募集サイドバナー

現地なうサイドバナー

夏秋カンボジアスタディツアー募集

満足度NO1カンボジアボランティア

グループ割サイドバナー

プログラム説明会

満足度97体験談

日本最大級の海外ボランティアSNSサイドバナー

高校生特設ページ用バーナー

長期XボランティアXインターン

  • プログラムを知る・理解する
  • よくある質問
  • プログラム説明会
  • プログラム作りで大切にしている5つのこと
  • ぼらぷら貢献事業
  • 安全面とサポート
  • プログラム参加特典

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

社会人におすすめ!

ご参加を迷ってる方へ

貢献の輪を広げよう

ぼらぷら支援の広がり

ぼらぷらブログ

ぼらぷらブログ

【結果報告】今夏お茶碗7,083杯分のお米を配付予定です♪

2017年8月9日 11:06 AM

    古本回収活動・各キャンペーン・ポイント寄付で集まったお茶碗『7,083杯』分のお米を、今夏カンボジアの子どもたちに寄付する予定です!! 重さにするとなんと『約1トン!!』 ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます!!   ★古本回収活動からのお米 『1,949杯』 2017年3月~7月実施分★ 各学校ごとの実施結果はこちら▼   ぼらぷら下関市立大学ボランティアサークル様 ぼらぷら高知大学ボランティアサークル様 ぼらぷら高崎健康福祉大学ボランティアサークル様 ぼらぷら関西外国語大学ボランティアサークル様 ぼらぷら長崎外国語大学ボランテ…

>>続きを読む

【300個のランドセルをカンボジアに届けるプロジェクト】届きましたー!!

ランドセル

2017年8月9日 9:56 AM

こんにちは!大熊です(^^) 先日第一陣として発送したランドセル35個がカンボジアトンレアップ村に届きましたー!! 日本とは配送制度も習慣も違うので無事に届くか心配で心配で。汗 カンボジアでは荷物が届くと郵便局から受取人に電話が来て取りに行く、という流れが主流で今回はヒムさんが取りに行ってくれました。「届いたよー!」と嬉しそうなヒムさんの声を聞けて一安心◎これからどんどん発送していきますっ! 届いたランドセルを試しに背負ってみよう、ということで代表してこのふたりが試着しました。メッセージ動画も届いているので後日共有させていただきます! プロジェクトの詳細はこちら http://voluntee…

>>続きを読む

古本回収実施後インタビュー@梅花高等学校(大阪)

梅花高等学校

2017年8月3日 7:04 PM

  ■グループ名:梅花高等学校(大阪) ■幹事:ゆいさん ■実施メンバー:Sakiさん・Yukaさん・ゆかさん   回収結果 本120冊・CD6点   ◎私が古本回収活動への参加を決めた理由 発展途上国には教育を受けられなくても受けられない子、ご飯が食べたくても食べられない子がたくさんいることを知り、そのことを少しでも緩和すべく高校生である私たちにも何かできることはないかと探していたらぼらぷらの案内を見つけてクラスのみんなで取り組もうと思いました。   ◎実施してみての感想 学校でも初めての取り組みであり、自分たち生徒が主体となって何かに取り組む経験があ…

>>続きを読む

★現地の英語を使いたい!★「そもそもイギリス英語、アメリカ英語って何?」

2017年7月27日 2:27 PM

Hi, ぼらぷらの陽(みなみ)です(*^^*)   日本語に方言があるように、実は同じ英語でも、イギリスで使われている英語とアメリカで使われている英語は結構違うのです。カナダもオーストラリアも違います。 私の中でのイメージはイギリス英語が標準語(東京)、アメリカ英語が関西弁くらいの位置づけです。カナダ、オーストラリアはイギリス英語に近いそうです。   スペルや表現の違いはまだ通じるのですが、厄介なのが単語… そこで!日常生活で知らないと困る、地域によって違う単語を3つ激選しました! 第一位!トイレ 旅行先で聞きたいNO1だと筆者が勝手に思っている、「トイレどこ?」の質問。 ◯イギリス…

>>続きを読む

古本回収実施後インタビュー@ぼらぷら長崎外国語大学ボランティアサークル(2回目!)

長崎外国語大学

2017年7月19日 7:24 PM

  ■グループ名:古本回収実施後インタビュー@ぼらぷら長崎外国語大学ボランティアサークル(2回目!) ■幹事:まりこさん 参加プログラム:2017年9月(大学1年)カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティア参加 ■実施メンバー:Yuiさん・ゆかさん・雪音さん・momoeさん   回収結果 本318冊・CD47点   ◎私が古本回収活動への参加を決めた理由 実際に現地に行くボランティアだけでなくこのような取り組みで、少しでも誰かの助けになることをいろんな人に知ってもらいたいと思ったからです。   ◎実施してみての感想 楽しかったし、思っていたよりも集…

>>続きを読む

★インド現地レポート★インド人って(一部を除いて)本当に純粋な目をしている。

純粋な目

2017年7月19日 10:30 AM

こんにちは!ぼらぷらの陽(みなみ)です(*^^*) 今月も、現地担当者からのレポート届きましたよー♪   インド人って(一部を除いて)本当に純粋な目をしている。       特に子ども達は無邪気で人懐っこくて、本当に可愛い。 カメラを向けるとポーズを決めてくれたり、恥ずかしながらとっておきの笑顔を見せてます📷   私が初めてインドを訪れた時、靴を履いておらず裸足だったり、埃まみれのボロボロTシャツを着ている子ども達が、どんなに貧しい生活でも楽しそうにキラキラした目で遊んでいる姿を見て、カルチャーショックを受けました。 彼らは自分たちが貧しいだなんて…

>>続きを読む

★ぼらぷら運営孤児院レポート★もむはどこにいるでしょう?

もむはどこでしょう?

2017年7月19日 10:05 AM

スオスダイ!ぼらぷらの陽(みなみ)です(*^^*)   ではいきなりですが、クイズです。 ぼらぷら孤児院のもむは、どこにいるでしょう?   見つかりましたか?^^ 一番前の列、右から2番めの黄色いTシャツを着ているのがもむです!   日本でも暑い日が続いていますが、カンボジアも相変わらず暑いです!笑 そんな中でも子どもたちはいつも通り元気です(*^^*)   また、音読をしている姿もみました\(^o^)/ カンボジアの識字率は70%前後と言われていますが(日本では99%ほど)、貧しい村に住む孤児院の子たちが文字が読めるってすごいことだなーと改めて感じました(*´ω…

>>続きを読む

★オーストラリア現地レポート★アボリジニーのフェスティバル!

アボリジニー

2017年7月19日 9:41 AM

Hi! ぼらぷらの陽(みなみ)です。   今月もオーストラリアから現地レポートが届きましたよ~\(^o^)/   シドニーも本格的な冬です。昼間は18度くらいまであがって快適ではありますが 朝は6~8度。寒暖差が激しいのもシドニーの特徴です。 朝晩は寒いので温かい格好、上着をお持ちください。     7月頭には先住民であるアボリジニーの文化を知るフェスティバルが開催されました。 フード、ダンス、カルチャー、アートなど、様々な面からアボリジニーのことを知ることができ、交流できる良い機会で 各地でとても盛り上がっています。   いかがでしたか?来月…

>>続きを読む

★現地の英語を使いたい!★連載始まります♪

world_children

2017年7月17日 5:56 PM

Hi, ぼらぷらの陽(みなみ)です(*^^*) 実は私、イギリスとアメリカでの海外留学経験があるため(トータルで5年くらいです)幸運なことに色々な国々からの知り合いが多いのです。     そこで!現地に行かれるみなさんが少しでもネイティブの人たちと仲良くなれるように「現地の英語を使いたい!」シリーズと題して、使えそうな英語を少しずつご紹介させていただければと思います\(^o^)/   初回の本日はまず、一番現地で使うであろう挨拶から。 「How are you (doing)? 」と聞かれたとき、みなさんなんと答えますか?   1.I’m f…

>>続きを読む

★カンボジアスタツアレポート★シルクができるまで

2017年7月14日 3:36 PM

スオスダイ!ぼらぷらの堀です。   今月のカンボジアスタツアレポートでは、シルクファームさんからのお便りを紹介します。 ▼ シルクファームより♪   皆さん、こんにちわ!   今回はシルクファームでおこなわれているプログラムの一つ、植樹ツアーについてご紹介します。 このツアーは、お客様が実際に参加することのできる体験型ツアーです。 こちらは先日、現地のホテルスタッフを対象におこなわれた時の様子です。       植えているのは桑の木の苗になります。 苗が立派に成長すると、その葉は蚕のえさとなり、繭を作り始めるまで大切に育てられます。 …

>>続きを読む