海外ボランティア 用語集

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外ボランティアならボランティアプラットフォーム♪
知識を身につけるのと同時に、国際協力を肌で感じてみませんか?

国際協力用語集ワード詳細

※一部一致でも検索されます。
※レポート・論文・WEBサイトなどでのご利用の際は参照元として記載・リンクをお願いいたします。

飢餓
starvation

食糧不足によって栄養失調が続き、体調の維持が困難になっている状態を指します。

2015年現在、飢餓人口は9億人とも言われています。ミレニアム開発目標のもとに飢餓をなくすために様々な取り組みが行われてきましたが、飢餓人口は増加傾向に有ります。
ミレニアム開発目標の目標1は、「極度の貧困と飢餓の撲滅」であり、1990年から2015年までに、極度の貧困や飢餓で苦しむ人々の数を半減するための様々な取り組みが、国際社会の様々なアクター(国連機関、途上国政府、先進国援助機関、NGOなど)によって実施されてきました。

飢餓が生じる主な原因としては、自然災害、紛争、貧困、未整備な農業基盤、環境の乱開発などが挙げられています。飢餓人口が多い地域はサブサハラ・アフリカ、南アジア、東アジアとなっています。

飢餓に苦しむ人々への支援としては、緊急時の食糧支援や、慢性的食料不足の人々に対する食料供給、学校での給食活動などが有ります。

 

地球規模課題の用語一覧へ
か行の用語一覧へ