海外ボランティア 用語集

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外ボランティアならボランティアプラットフォーム♪
知識を身につけるのと同時に、国際協力を肌で感じてみませんか?

国際協力用語集ワード詳細

※一部一致でも検索されます。
※レポート・論文・WEBサイトなどでのご利用の際は参照元として記載・リンクをお願いいたします。

遠隔教育
distance education

学校から自宅まで遠距離であり通学が困難な生徒、あるいは職業を持ちながらの学業であるなどの様々な事情に応じ、遠隔地から教育を受けるために行われる教育形態です。

日本では当たり前のように受けられる教育ですが、世界ではそれが受けられない国もあり、その受けられない理由の多くは自宅から学校までの距離が長いもしくは道中において危険地帯を通る必要がある場合となっています。そういった事情を抱えることによって教育を受けられない子供たちのために近年整備されつつあるのが遠隔教育です。

特に発展途上国と呼ばれる国々では、教育を安定して受けられる環境が整っていないところも少なからずあります。その背景にあるのが国の地理的大きさによる距離の制約と国によっては道中において子供だけを歩かせるには危険な個所があるという制約があるためであり、こういった事情から学校に通うことのできない子供が多数います。通学距離が長い場合には前日の夜もしくは早朝から登校するか危険地帯の場合には途中まで大人と一緒に登校するかという選択肢の元で行動していました。しかしそれでは個人にかかる負担が大きくなるため、その仕組みを変えるために考案されたのが遠隔教育です。
遠隔教育とは世界中に無線のインターネット環境を作り出すことによって、そのインターネットから配信される動画を見ることによって家に居ながら学校教育と同じレベルの教育を受けることができるというものです。この遠隔教育の始まりは生まれつき障害や病気によって病院生活を余儀なくされ、それでも学校教育を受けたいという願う人の希望を叶えるために、教育を受けさせる学校サイドとネット配信企業が協力することで病院の中でもパソコンで授業が受けられるように配信することから始まりました。それから遠隔教育の利点は世界中に広がり、距離や安全上の制約そして個人の事情によって学校に行けない人のために使われています。近年では他にも様々なことに使われています。例えば、インターネットによる教育は世界交流において必要な外国語の取得に利用されています。

その他の用語一覧へ
あ行の用語一覧へ