海外ボランティア 用語集

  • HOME
  • あなたにぴったりのボランティア選び♪
  • 海外ボランティアに行く5つの理由
  • 一生ものの体験 体験談
  • 貢献できるプログラムの仕組
  • 国際協力NGOぼらぷらとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外ボランティアならボランティアプラットフォーム♪
知識を身につけるのと同時に、国際協力を肌で感じてみませんか?

国際協力用語集ワード詳細

※一部一致でも検索されます。
※レポート・論文・WEBサイトなどでのご利用の際は参照元として記載・リンクをお願いいたします。

アフリカ開発会議
Tokyo International Conference on African Development / TICAD

アフリカの開発について話し合うことを目的とした国際会議です。

この会議は日本政府が主導して開催されるものであり、飢餓や貧困に苦しむ国が多いアフリカを支援のため行われています。TICADは、日本政府と共に、世界銀行や国際連合、国連開発計画、さらにアフリカ連合委員会が共同で開催しています。5年に一度日本で開催し、アフリカへの経済支援について議論が交わされます。

TICADが初めに開催されたのが1993年の第一回アフリカ開発会議であり、アフリカ開発に関する東京宣言がこの会議内で採択されました。この会議では、日本からのアフリカに対する政府開発援助について、具体的な内容が話されました。また第二回目の会議では、東京行動計画が採択され、アフリカ各国と開発パートナーとなる支援国や機関の互いの協調の強化の必要性について指針が示されました。アフリカの地域協力を促進させるとともに、発展途上国が別の途上国を支援する南南協力の拡大の必要性について掲げられました。第三回アフリカ開発会議では、人間を中心とした開発やアフリカの経済成長に伴う貧困の解消、また、アフリカに平和を定着させることを活動の目的とすることが定められました。第四回アフリカ開発会議においては、横浜宣言および横浜行動計画が採択されました。この会議の中では、従来のアフリカにおける経済成長や貧困対策に加えて、気候変動を引き起こす原因とされている地球温暖化への対策についても議題に取り上げられました。アフリカの災害に対する弱さがクローズアップされ、災害対策や安全な水を確保することを目標として定めました。その後、アフリカの幹線道路の整備や、電力インフラに不可欠となる発電所や送電網の開発といった対アフリカ開発援助が行われました。第五回アフリカ開発会議では、横浜宣言2013および2017年までの支援に関する横浜行動計画が採択されました。この会議では、アフリカ大陸を世界の成長のための原動力にすることを目標とし、日本や国際社会のアフリカ各国とのパートナーシップをさらに強化することが強調されました。また、これまでのアフリカへの支援から、投資という形への転換が重視されました。これからのアフリカの経済的成長を見込むことができる分野に対し、積極的に投資が行われることが決まりました。

その他の用語一覧へ
あ行の用語一覧へ