[営業時間変更のお知らせ]
新型コロナウィルスの影響により営業時間を短縮いたしました。
営業日時:平日9:00-12:00、13:00-16:30

テレワーク実施にあたり、お電話や対面での対応を中止しております。
お問い合わせはLINE・メールでご連絡ください。

カンボジアでのボランティア活動
カンボジアでのボランティア活動

カンボジアでのボランティア活動

ぼらぷらではご出発日の31日前まで取消料がかかりません。詳細はこちらをご覧ください。

初めての方へ

夏募集中!トップバナー

夢の村プロジェクト

グループ割サイドバナー

満足度97体験談

高校生特設ページ用バーナー

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

ご参加を迷ってる方へ

カンボジアでのボランティア活動

2011年9月28日 9:05 AM

【滞在期間】2011-09-16 ~ 2011-09-21 【総評】普通 【プロフィール】女性

 

(1)参加動機

大学で言語教育を主専攻としているので、実践してみたいと思い、この活動を選びました。

ローカルな家庭にホームスティすることに興味がありました。

海外に行っても、宿泊先暮らしではその国のことはわからないと考えていた。自分と同じ大学の人とばかり付き合っているのでは、価値観が偏ると思い、所属の違う人と考えを共有する機会を設けたいと思った。

 

(2)参加した感想

教育うんぬん以前に、現地の人の生活の仕方に驚いた。電気・ガス・水道がなくても生活はできると思いました。

何度も来る日本人に慣れているのでしょうが、村の人々はみんな優しかったです。
 
私はクメール語はわからないし、むこうも日本語はわかりませんが、喜怒哀楽の表情は共通なのだと知りました。

笑って手を振れば振り返してくれるし、帰国日に泣いている私を見れば、抱きしめてくれる。

言語教育に行ったのにこんなことを言ってはなんですが、言葉だけが意思疎通の手段ではないと思いました。

 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか

 

率直に言うと、日本語教育のスキルが上がったとか、知識が増えたとかいうことはありませんでした。だから、直接自分の研究内容につながるものではないと思います。

しかし、途上国で暮らした経験は、絶対に今後に活かせると思います。実際、今後もこういうボランティアがあれば参加したいと考えています。

青年海外協力隊への参加も前々から考えていたので、応募する自信がついたというか、踏み出す勇気が出ました