[営業時間変更のお知らせ]
新型コロナウィルスの影響により営業時間を短縮いたしました。
営業日時:平日9:00-12:00、13:00-16:30

テレワーク実施にあたり、お電話や対面での対応を中止しております。
お問い合わせはLINE・メールでご連絡ください。

そこで生活している方の笑顔を見る事が出来た事、忘れられない思い出となりました。
そこで生活している方の笑顔を見る事が出来た事、忘れられない思い出となりました。

そこで生活している方の笑顔を見る事が出来た事、忘れられない思い出となりました。

ぼらぷらではご出発日の31日前まで取消料がかかりません(2020年3月25日以降にお申込みの方)。詳細はこちらをご覧ください。

初めての方へ

夏募集中!トップバナー

夢の村プロジェクト

グループ割サイドバナー

満足度97体験談

高校生特設ページ用バーナー

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

ご参加を迷ってる方へ

そこで生活している方の笑顔を見る事が出来た事、忘れられない思い出となりました。

2010年2月2日 9:54 AM

【出発日】2009.9.2 【総評】満足 【プロフィール】 女性 / フリーター / 青森県

 

(1)参加動機

今回、このツアーに参加しようと思ったのは以前から海外に興味があり、せっかく行くのであれば、普通に観光だけするのではなく、

ボランティアやホームスティを通して、より充実した旅にしたいと考えたからです。

(2)参加した感想

今、ツアーを終えて自分なりに整理してみると、やはり得るものが多い旅であったと思います。
漠然と、海外でのボランティアをしてみたい、少しでも役に立ちたいと思い参加しましたが、まず言葉の壁にぶつかりました。
私は、ほとんど単語しか話す事が出来なかった為ボランティアはもちろん、ホームスティ先でも、『もっと英語が話せたら』と何度も思いました。

 

しかし、言葉は分からなくても人の笑顔で救われる部分はたくさんありました。

ボランティアの中で爪を切る機会がありました。
今、ボランティアの方が増えていると聞いていましたが、爪を切ったりネイルをしてあげたり、といった細かいケアはまだまだ行き届いていないようでした。

切り終えると、私の頬に何度も何度もキスをしてくれました。

何にもしてあげられないと感じていたこともあり、私は温かい気持ちになり、それと同時にとても嬉しかったのを覚えています。

 

ボランティアは3日間という短い期間で、もっと色々な方と関わる事が出来たらなぁと思いましたが、

そこで生活している方の笑顔を見る事が出来た事、忘れられない思い出となりました。

ボランティア以外にも、いい経験となったのはホームスティです。
旅のほとんどがホームスティという事もあり、インドでの生活を身近に感じる事が出来ました。

ホストファミリーの方々は、本当に良くしてくれてとても感謝しています。
日本人向けに食事を作ってくれたり、いつでも私たちが快適に過ごすことが出来るよう色々と考えてくださいました。

またインドを訪れるときにはホストファミリーのお宅へ遊びに行きたいと思います。

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか

今回の旅を振り返り、まずやらなければいけないと感じたのは、もっと英語を勉強しなければという事です。
今より英語が話せるようになれば、自分の持っている可能性が少しではありますが広がっていくのではないかと思います。
そしてもう一度ボランティアに来たいと思います。まだまだ時間はかかると思いますが、焦らずゆっくりがんばりたいです。