[営業時間変更のお知らせ]
新型コロナウィルスの影響により営業時間を短縮いたしました。
営業日時:平日9:00-12:00、13:00-16:30

テレワーク実施にあたり、お電話や対面での対応を中止しております。
お問い合わせはLINE・メールでご連絡ください。

『子どもたちのスマイル』
『子どもたちのスマイル』

『子どもたちのスマイル』

ぼらぷらではご出発日の31日前まで取消料がかかりません(2020年3月25日以降にお申込みの方)。詳細はこちらをご覧ください。

初めての方へ

夏募集中!トップバナー

夢の村プロジェクト

グループ割サイドバナー

満足度97体験談

高校生特設ページ用バーナー

最新パンフレット配布中!割引クーポンあり

ご参加を迷ってる方へ

『子どもたちのスマイル』

2012年6月21日 6:10 PM

 

【滞在期間】2011-12-21 ~ 2011-12-25【総評】満足【プロフィール】女性【ネーム】ネバ


(1)参加動機


あるボランティアの集まりで、タイが一番貧困だとの話を聞き、私のなかで観光のイメージしかなく、この目でどんなところか、ずっと確かめたかった。



(2)参加した感想


4泊5日という短い期間の中でバタバタでしたが、子どもたちの沢山のスマイルをみました。小学校訪問は、一言でいうと全体的に日本の子どもたちとは違い積極的で好奇心たっぷりな子が多くパワーをもらいまいた。それに印象的に残ったのは、授業が終わると殆どの子が外にでてみんなでボールを使った遊び(バーレボール・サッカー)をしていた姿をみて、ここは「みんなで」の習慣があるのかと感じました。ボランティアとしては、5・6年生を担当したわけですが、1学年違うだけでこんな背の高さに差があるのにびっくりしました。やったことは、地図を広げその国の場所を指で指してもらうのを最初にしました。一番元気組は何回も手を挙げ、どんどん前に集まってきているが、なかなか正解がでてこない。でも、一生懸命じっくり地図を見て、答えを探してる子もいた。続いてクリスマスカード作りでは、みんな「メーリークリスマス」との字が、はっきりくっきりと書けていてよかったです。飾りも個性があふれており、素敵でした。保育園訪問は、みんなでダンスをしたり、鬼の面を作ったりなどをしました。園児の子は、元気な子とおとなしい子と様々で、それもまた個性があり、学べたきがします。工作では、一緒にのりがべたべたになりながら楽しみ、走り回った瞬間でした。山岳民族までのトレーキングでは、UPダーンが激しく、すごいきつかったが「これを登れば出逢いが待っている」との想いで頑張りました。村の子どもたちは、全体的にシャイな子が多かったです。鬼ごっこをしたり、折り紙で遊びました。(折り紙風船が気に入って「何個も」とうったえてきました)実際の言語は、うまく口にして伝えれなかったが、心と心の会話ができたと思う。それに、おもいっきり一緒に楽しむことが、大切だと実感した時間でした。



(3)今後、この経験をどのように活かしたいか


ただそこに行って、自分の満足で終わりでなく、これからも繋いでいくような、日本で現地のことを伝えられるような支援活動がしていけたらなと思 います。