• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

私の夢を深めた一週間

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク絶対行くべき
  • 2014年8月参加
紹介割コードin097281e65

子どもの笑顔が今までに見たことないくらいキレイ!この笑顔が世界を変える!そう思います!

参加後の気持ち

絶対行くべき

プログラムに参加した理由を教えてください

私は将来教師を目指しています!日々過ごしている中で、このまま教師になるのではなく、もっといろんな経験を通して様々な価値観に触れたり、たくさんの人との出会いから自分をさらに成長させ、まずは1人の人間として魅力ある人になりたいと思うようになりました。
なので、1人で何かに参加するのは初めてなのですが、ぜひカンボジアに行って自分の知らないものに出会い、たくさんのことを吸収したいと思います!

プログラムに参加した感想は?

カンボジアでの一週間、私の心に大きな変化をもたらしました。
一人で何かに挑戦するのは初めてで、とても緊張していましたが、今では行ってよかったという気持ちでいっぱいです。

一緒に現地で活動したメンバーには、学生だけではなく社会人の方も多く、社会に出た後も様々な夢に向かって努力されている姿はとても刺激になりました。
海外志向の方が多い中、私は国内志向なので今回の経験をどう生かしていこうかと考えていました。
村のホームステイ先の子どもは学校に通っていませんでした。でも日本人の私たちのお世話をしてくれるため、日本語は話せました。観光で行ったマーケットには同い年くらいの女の子たちがかわいらしい日本語で対応してくれました。アンコールワットで生活のために観光客にポストカードを一生懸命売っていた子どもたちは、多分学校に行ってないのにカードの数を説明するために1~10を頑張って数えていました。そして、村の学校では子どもたちは精一杯遊び、学び、夢に向かって頑張っていました。

この子どもたちのために、私が日本でできることはなんだろう。。。

「強いものは弱いものを助ける義務と責任がある」
私は直観でそう思いました。この地球上、誰もが平等に生きるべきである。だったら、教育を受けられる状況にいる人は、教育を受けられない状況の人たちを、サポートしともに生きていく努力をすべきだと思いました。そうしたら、もっと世界は平和になる。
これを私の将来の夢にあてはめました。私の夢は、小学校教諭です。
今の世界の状況を、日本の小学校現場で子どもたちに伝え、国内や海外に向けて助け合いの精神で動いていける多くの日本人を育てること。
これが私の役目だと考えることができました。

この一週間は私を一回り大きくしてくれました。

ぜひ多くの方に経験してほしいです!
ありがとうございました!

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

「強いものは弱いものを助ける義務と責任がある」
私は直観でそう思いました。この地球上、誰もが平等に生きるべきである。だったら、教育を受けられる状況にいる人は、教育を受けられない状況の人たちを、サポートしともに生きていく努力をすべきだと思いました。そうしたら、もっと世界は平和になる。
これを私の将来の夢にあてはめました。私の夢は、小学校教諭です。
今の世界の状況を、日本の小学校現場で子どもたちに伝え、国内や海外に向けて助け合いの精神で動いていける多くの日本人を育てること。
これが私の役目だと考えることができました。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

よかった

これから参加される方へアドバイスお願いします!

きっと楽しいはず!自分の常識を忘れて、たくさん吸収してきてください!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

お世話になりました!
とっても良い経験になりました!

ふきだし

その他の応援メッセージを読む