• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

カンボジアが教えてくれたこと

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2019年3月参加
紹介割コードin62951014c

オークン!!!(ありがとう!!!)

参加前の気持ち

初海外で不安、1人参加で不安、現地の治安が心配、視野を広げたい、成長したい、人の役に立ちたい、将来の進路に活かしたい

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

教育の分野には以前から興味が有りましたが、海外に視野を広げ始めたのは高校生になってからです。これまでにワトト(ウガンダ)のChildren′s choirを鑑賞したり、国際協力NGOのADRAの方にお話を伺うなど、少しずつ自分の進路を模索していきました。今回のカンボジア教育ボランティアも、自分の将来の可能性を広げるために、思い切って参加を決めました。現地の風を肌で感じ、子どもたちと交流できることをとても楽しみにしています!

プログラムに参加した感想は?

『世界がひとつになるまで、ずっと手をつないでいよう♪』子どもたちの歌声が、今でも私の心に響いています。カンボジアで過ごした9日間は、私にとって一生の宝物になりました。不安な気持ちを抱え、ようやくたどり着いたカンボジアの大地は広大で、自分の小ささに胸が締めつけられた1日目。しかしそんな不安は2日目の村滞在から、すっかり消えてしまいました。村での生活は、小さなことも大きな幸せなんだよっと教えてくれる毎日でした。子どもたちの笑顔、授業中の元気な声に、休み時間の猛ダッシュ、素敵な歌声。朝日で始まり夕日で眠り、スティ先の美味しいご飯に、共存する犬猫ニワトリ豚牛たち、、教育ボランティアではありますが、私の方が子どもたちに助けられたり学ばせてもらうことが多かったです。また同じ日本人参加者さんは、みなさん素敵な方で安心しました。人生の先輩に多くのことを学び、教えていただきました。私は高校生で初海外、ひとり参加でした。私が参加したときは日本人参加者さんのほとんどが、大学生や社会人の方でしたが、私は高校生の方にもっと参加してほしいです。学校で学ぶ世界は、ほんのひとかけらにすぎないこと。そして当たり前の毎日が、実はかけがえのない日々の積み重ねであることを、もっと多くの高校生に知ってほしい。日本の高校生に、カンボジアの子どもたちの笑顔と人々の温かさに触れてほしいです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

将来は、教育分野で国際協力に携わる仕事がしたいです。また幼い頃から、小学校教員になりたいという夢もあるので、進路の参考にしたい今回の旅でしたが、自分の視野と可能性がさらに広がった気がします。実際に自分の目で見て感じなければ、何も分かりませんでした。カンボジアへ行くことは、私が生きてきた17年間で、一番大きな選択でしたが、行ってよかったです。今後もこのチャレンジ精神を胸に、多くのことを経験したいです。これから大学受験が控えているので、進学後はさらに多くのことを学び、世界を旅したいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

受験が終わったら、カンボジアに帰りたい!!子どもたちの夢を応援したい!

これから参加される方へアドバイスお願いします!

高校生でも、初海外でも大丈夫!絶対行くべし!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

参加が決まったときから帰国後まで、丁寧に対応してくださって感謝しています。高校生で、ひとり、ましてや初海外でも、安全に渡航できたのは、ぼらぷらさんの細かなサポートのおかげでした。本当にありがとうございました。

ふきだし

その他の応援メッセージを読む