• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

異文化の暮らしに触れて

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2012年8月参加
紹介割コードin02187e2ad

カンボジアの子ども達から沢山元気をもらいました!

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

今まで小学校や児童館などで、子どもたちと関わるさまざまなボランティア活動をしてきました。
ボランティアプラットフォームのHPをみて、以前から関心を持っていたカンボジアの学校教育ボランティアがあることを知り、海外のボランティアにも挑戦してみたいと思い今回のプログラムに応募しました。

プログラムに参加した感想は?

普段は中学・高校の教員をしています。
カンボジアで子どもたちの「わかって嬉しい!」「勉強が楽しい!」といった輝く笑顔に触れて、自分が目指している教育の原点はこれだと再確認することができました。
日本に帰国し、自分が担当する授業の中で中学生と高校生にカンボジアのことを紹介したところ、生徒たちは“今まで自分がテレビ等で見てきたカンボジアの人々の貧しい暮らし(かわいそう…というマイナスイメージ)”と、私が紹介した“カンボジアの人たちの幸せそうな笑顔”とのギャップに驚いているようでした。私自身も現地へ行かなければきっと、カンボジアのイメージは前者のままであったと思います。日本とは生活の基盤が異なること、幸せの形も違うということを私の体験してきた話や写真から、日本の子どもたちは感じてくれたようでした。
また、カンボジアの教育支援に興味を持ってくれた生徒もいたので、そういう生徒が大人になり現地へ行って何かを感じ、誰かに伝えることで、支援が続いていくと良いと感じました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

現地でのボランティア経験そのものにも、もちろん大きな意味があると思いますが、これからもずっとカンボジアへの支援が続いていくように現地で経験したことを発信し、より多くの人に支援が必要とされている現状を伝えていくことが大切だと思うので、何らかの形で私が経験してきたことを伝えていきたいと思っています。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

サポート体制がしっかりしていて、安心して海外ボランティアに参加できるから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

語学に自信のない人でも参加しやすい海外ボランティアだと思います!