• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

感動、感謝、素晴らしい体験

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク忘れられない
  • 2012年8月参加
紹介割コードin0256159eb

笑顔は誰にでも通じる。たった数日間過ごしただけの仲間が本当に大切な存在になる。

参加後の気持ち

忘れられない

プログラムに参加した理由を教えてください

私は難民など世界で苦しんでいる人たちを助けたいという思いを高校生の頃から持っていました。そのころから大学生になったら海外ボランティアに行こうと決めていました。
このボランティアプログラムを選んだ理由としては、テレビを通して見るカンボジアなど発展途上国の子供たちはとても笑顔が素敵だなと以前から思っていて、日本語や英語の教育であれば私でも少しはその笑顔を作ることに貢献できるのではと思ったからです。また、大学生活を過ごしていく中でや、姉が教師ということもあり、教えるということにも興味を持ったからです。実際、今は飲食のアルバイトをしていますが、今夏が終われば家庭教師に挑戦しようと思っています。
このボランティアを通して自分自身も成長できればと思っています。よろしくおねがいします。

プログラムに参加した感想は?

初めは本当に不安でいっぱいでしたが、村についてからは同じボランティア参加者の人たちやステイ先の人とふれあい、徐々に不安は薄れていきました。実際に学校に行ってみると、子供たちの無邪気さや笑顔には本当に今まで感じたことがないほどの純粋さがあって、目からうろこの気分でした。学校、ステイ先での生活を通して感じたことはたくさんあり、言い切ることはできません。たくさんの出会いと別れがあり、たった数日間過ごしただけの仲間との別れがこんなにつらくなるものだとは想像もしていませんでした。それほどカンボジアでの生活が充実していたからこそなのだろうと思います。「いまだに作り物の世界に見える」これは帰りの空港への車の中で誰かがボソッと言った言葉です。それほど何もかもが違っていました。とにかく素晴らしい体験をさせていただきました。出会ったすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

高校の頃から発展途上国のために働けるような仕事がしたいと思っていました。しかし、大学に入って過ごしているうちにこのような気持ちが徐々に薄れていっていました。今回このような体験をして、仲間から刺激を受けていくうちに、高校の頃の気持ちがよみがえってきました。どのような形でもいいので、発展途上国に貢献できるような仕事がしたいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

素晴らしい体験ができたから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

言葉では表せない感動、体験ができます!