• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア 村の学校で日本語英語教育ボランティアへの海外ボランティア

笑顔と優しさにあふれたあたたかい国‼

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2013年8月参加
紹介割コードin06408828b

子供達の笑顔と優しさが、本当に幸せにしてくれました‼

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

現在大学でカンボジア語や、カンボジアの文化、社会について学んでおり、実際に現地に行ってみたい、現地の人々と触れ合ってみたいと思いました。また、国際強力に興味があり、ボランティア活動に関わってみたいと思ったので参加しました。

プログラムに参加した感想は?

カンボジアについた初日、日本とは全く異なる環境で、知らない人達と一緒に生活することに少し戸惑いを感じました。でも、いざ村を歩いてみると、たくさんの人が笑顔で手をふってくれて、「ばいばーい」って声をかけてくれました。小学校に行くと、子供達が笑顏でむかえてくれて、「先生、先生」と、したってくれました。みんなの笑顔を見たとき、不安だった気持ちや戸惑いはすっかりなくなっていました。すべての時間が本当に幸せで、充実していました。同じクラスを担当する日本の人達と、どんな内容の授業をするのかを話し合った時間も、生徒が「わたしー!わたしー!」と、積極的に手をあげて参加してくれた授業の時間も、生徒と一緒に遊んだ休み時間も、授業が終わってみんなで歩いて帰る時間も、全部が大好きな時間です!ボランティアとして参加して、子ども達に何かを与えられたらいいなということばかりを考えていましたが、いつのまにか、私は子供達から、たくさんの笑顔と優しさをもらっていて、とっても幸せにしてもらいました。人々のもつあたたかさに、本当に感動した1週間でした‼みんな本当にありがとうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

カンボジアには、日本には当たり前にあるものがありませんでした。日本人の私からみれば、不便なのかなと思うこともありますが、カンボジアの人々は、それを感じさせず、とても幸せそうでした。そんな姿を見たときに、豊かさの意味や幸せの意味について考えさせられました。発展途上国といわれるカンボジアですが、そのすべてを変えていくのではなく、地域にあった発展をしていってほしいと思ったし、自分もそれに関わりたいと思いました。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

これから参加される方へアドバイスお願いします!

観光では味わえない、素敵な出会いや感動があります‼