• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

言葉に表せないほど素敵な一週間

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2014年3月参加
紹介割コードin08976e044

このツアーに参加して一週間たった今、一緒に参加した仲間、パンニャに会いたくてたまらない。そんな素敵な出会いをさせていただきました。

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

海外ボランティアに興味があったのですが、何をしたらよいかわかりませんでした。そんなとき、このぼらぷらのカンボジアスタディーツアーを知り参加を決意しました。
何も分からなく不安ですが、自分自身少しでも成長できればと思っています。

画像をクリックすると拡大します。

  • 笑顔
    笑顔
  • 最高の仲間
    最高の仲間
  • 笑顔
    笑顔

プログラムに参加した感想は?

充実した濃い1週間でした。
現地の人々の話を聞かせていただく中で「教育・医療」を充実させていくことの必要さ等を学ぶ一方で、同時に日本がカンボジアの人々から学ぶべきことも本当に多いと感じました。特に子どもたちの自主性。日本では当たり前のように勉学に励むことができますが、カンボジアではそれが当たり前ではありません。そのためか、勉学に励むことを苦と考えるのではなくキラキラした目で積極的に学んでいる、そのような光景を目にしました。中学生のある女の子に「日本語好き?」と質問したところ「日本語難しい。でも勉強するの楽しい」と答えてくれました。 遊びに関して、日本では与えられたもの・道具のなかでの遊びが主となっていますが、カンボジアでは走る・手遊びなどが主で、ものが対象ではなく人が対象の遊びが多く、人と人とのつながりが深いことを感じました。そして満面の笑顔で遊びに全力投球でした。この感じたこと、今後に生かしていきたいです。
 今回出会ったすべての人、忘れることはできません。こちらがニコッとすると笑顔で返してくれる現地の人々、キラキラした目で一緒に遊んでくれた子どもたち、頼りになる駐在員の方々、笑いのツボが浅くいつも笑顔で「だカラネ」が口癖のパンニャ、一人一人が優しく面白く、しかし真剣な眼差しの23人の仲間たち。本当にみんな大好きです。ありがとうございました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

将来子供と関わる職につきたいと思っています。そこでカンボジアの子どもたちから学んだ自主性の大切さを日本の子どもたちに説き、子どもの本来あるべきキラキラした笑顔を守っていくよう努めたいと思います。また今回の経験を多くの人に広めることで、日本ではあたりまえのことが当たり前ではない他の国の現状についての理解を促し、支援活動等に協力できるようにしていきます。

画像をクリックすると拡大します。

  • 別れ際
    別れ際
  • ゾウに乗って遺跡を一周
    ゾウに乗って遺跡を一周

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

充実した時間を過ごしたから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

こんなに素敵な体験、他ではできません。

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

想像をはるかに超えた充実した日々。今回のプログラムが私の考え方、生き方をガラリと変えてくれました。関わってくださったすべての方、本当にありがとうございました。

ふきだし

その他の応援メッセージを読む