[営業時間変更のお知らせ]
新型コロナウィルスの影響により営業時間を変更いたしました。
営業日時:平日9:00-12:00、13:00-16:30


また、テレワーク実施にあたり、お電話での対応を中止しております。
お問い合わせはLINE・メールでご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

子供達の笑顔に癒されました!!

  • 評価4つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2013年2月参加
紹介割コードin039850c2f

日本で勉強しているだけでは学べないことが現地にはたくさん溢れています!

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

私は以前から、アフリカや東南アジアなどの発展途上国に大変興味があり、また将来は青年海外協力隊員として貧しい国の人々の手助けをしたいと思っています。その夢の実現のためにも、今自分にできることは何か、自分に問いかけたく、また現地に赴くことで何かが得られるのではないかと思い、参加を決意しました。そしてもう一つの理由は、普通の大学生と同じ
日々をただなんとなく過ごしている自分に嫌気がさし、新しい自分に変わりたいと思ったからです。

画像をクリックすると拡大します。

  • 子供達の笑顔がキラキラしていました!
    子供達の笑顔がキラキラしていました!

プログラムに参加した感想は?

今回のカンボジアスタディーツアーは、私がずっとやってみたかった海外ボランティアの初めの一歩だったので、少しでも自分を変えられたらいいなという思いで参加しました。カンボジアに着いた日の夜にいきなり部屋に大きな蛙が出たり、レストランにはやもりが出たりと、日本との生活環境の違いに戸惑ったことが今では懐かしいです。小学校や孤児院の訪問を通して、子供たちの明るい笑顔に本当に元気をもらいました。日本から持参した折り紙を出すと、すぐにみんな駆け寄ってきて、あれ作って!これ作って!とみんなで取り合いになるほど人気でした。特に孤児院の子達は親がいないという、日本からすれば普通ではないバックグラウンドを抱えているにも関わらず、みんな元気で明るく孤児院での生活が充実しているように私には見えました。日本にいるときはそういう子達を、かわいそうという気持ちでみている自分がいました。しかし、実際現地に行って一緒の時間を過ごす中でそういった気持ちは全く生まれず、むしろ私はまだ小さいのに自分のことは自分でやるという彼らのスタイルを本当に尊敬しました。私自身の日本での生活が恥ずかしくなるほど彼らは大人で、私がボランティアを行ったというより、子供達にたくさんのことを学ばせてもらったという感じがしました。また、同時期にプログラムに参加した人たちとも自分の将来やりたいことなどを真剣に語ることができたので、本当に刺激になりました。出会った人すべてに感謝しています。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

自分が将来やりたいことはやはり、貧しい人々のために働くことであるということを再確認できたので、これからも大学で平和学や国際関係学を学びながら、いずれはまた直接自分が手助けしにいきたいです。また、今回学んだことをより多くの人に自分から発信していき、カンボジアの魅力やボランティアを通して、自分の未知の分野に挑戦することの素晴らしさを伝えたいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

すばらしい経験ができたから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

自分次第でいい方向にも悪い方向にもいくと思います。後悔しないように、今の自分の気持ちを大事にしてください。