台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々に、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

価値観変わるカンボジア

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク一生の思い出
  • 2013年3月参加
紹介割コードin04708db18

現地で見る子供たちの笑顔は、ホームページに掲載されている以上のものです。日本と比べたら毎日が大変なはずなのに、ものすごく輝いていたんです。あの純粋な笑顔をぜひ体感してみてください

参加後の気持ち

一生の思い出

プログラムに参加した理由を教えてください

参加動機は3つあります。

1つ目は、友達がこのカンボジアスタディープログラムに参加し、すごくいい体験をしたと聞き、実際に調べてみて、何かを得ることができ、自分の価値観の成長に繋がると思い参加しようと思ったからです。

2つ目は、カンボジアは物資支援などで名前をよく知る途上国であり、日本の当たり前の生活とはかけ離れた状況にあると知っていたので、ボランティアとして、現地でそれを自分の目で体感し、裕福な日本の当たり前と貧しい海外の国の当たり前を比較し、国としての日本を考えてみたいと思ったからです。

3つ目は、あれだけの長い内戦があったのにかかわらず、いざホームページで前回のカンボジアのボランティアの映像を見てみると、とても純粋で素敵な笑顔を持った子供たちが数多くいて、この子達を苦しめた戦争というものを改めて考えてみたいと思ったからです。

画像をクリックすると拡大します。

  • 最高の笑顔!!!
    最高の笑顔!!!

プログラムに参加した感想は?

今回のカンボジアスタディーツアーに参加してみて本当によかったと思っています。
初海外がカンボジアだけあってか、毎日が新鮮さにあふれる日々で、
とても充実した一週間になりました。


カンボジアについて調べてからいったにも関わらず、いざ現地でカンボジアの過去の歴史や現在の現状を知り、
現地の人、孤児院や小学校の子供たちと触れ合ってみると、調べていたこと以上のことばかりで、ショックを
うけました。


“同じ地球という星に生まれ、まったく同じ空の下で生きているのに、
どうしてこんなに違ってしまうんだろう”と思ったり、“日本での自分の生き方を反省しなきゃいけないな”
と思ったりでした。数ある思ったことのなかで一番強く思ったのが“俺たち日本人は恵まれて生きている”ということでした。
思うことは誰にだってできることなので、いかにして行動に移していくかという点で自分なりに
考え、これからの生き方に反映させていきたいです。

カンボジアでの7日間の生活は僕にとって、とても大切な経験になりました。
一緒に行動した22人のメンバーと現地のガイドさんにも大変感謝してます。

本当にありがとうございました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

一週間で得たさまざまな経験を、まずは自分の生き方(生活の仕方)や新たな価値観の育成に活かしたいとです。
自分の日々の生き方の見直し、自分になにができるのかを考え、そして、それを行動に移していきたいです。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

これから参加される方へアドバイスお願いします!

絶対に満足できると思います。文字では伝わらない参加者の言葉の深さを、ぜひ現地に行き感じてきてください。