[休業日のお知らせ] 9/27(金)は休業日となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

希望に溢れた国カンボジア

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2013年8月参加
紹介割コードin062095446

ぜひ自分の目で耳で肌で感じてください!

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

地元が日本赤十字創設者の出生地という事もあり、小・中学生の頃はボランティア活動によく参加していました。
その活動の中で、国際社会における貧困や教育等の問題について知り、国際貢献に興味を持つようになりました。
現地を直接見て、体験して、肌で感じる事で、世界の子供達のため、社会のため、これから自分に何が出来るかを考えるきっかけにしたいと思います。

プログラムに参加した感想は?

短い期間でしたが内容の濃い、大変貴重な時間を過ごす事が出来ました!

到着してすぐに感じたのが街の暗さ。空港はシェムリアップ市内から数キロの
場所にあるのにほとんど街灯が無くかなり暗い状況。
また毎日のように起こる停電。道路も主要道路はまだ舗装されているが、
脇道に入ったり少し郊外に出ると道路はガタガタの状態。
インフラがまだまだ整備されていない状況に、この国のいまを垣間見ました。

プログラムでは日本語学校、小学校、孤児院などをまわり、子供たちのたくさんの笑顔に触れました。
日本語学校では日本語を学び将来日本のように国が発展できるようカンボジアに貢献したいと熱く
語ってくれた学生と出会いました。小学校・孤児院では貧しい環境に関わらず、笑顔溢れる子供たちと
出会いました。

印象的だったのは街にいる物売りの子供たち。観光地に行くとワーッと寄ってきて
「1ドル、安いよ」と片言の日本語でしゃべりかけてきます。
貧困等で小さな子供が働かざるを得ない現実を目の当たりにし、いろいろと考えさせられました。

あっという間の一週間でしたが、まだまだ紛争の傷跡が残るカンボジアで、
貧しくても夢を持ち将来のカンボジアのために努力している人達の姿が印象的でした。
私たちも負けないように努力しなければと、改めて感じさせられました。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

発展途上国の現状に少しでも多くの人に関心を持ってもらえるよう、この貴重な体験をまわりの人たちに
広めていきたいと思います。また途上国の子供たちが安心して教育を受けれるような支援を行っていきたいと
感じました。継続的に支援が出来る仕組みを自分なりに考えたいと思います。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

内容が充実していたから。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

百聞は一見に如かず。ぜひ自分の目で耳で肌で感じてください!