• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンボジア スタディツアーへの海外ボランティア

オーーーーーーーークン!!!!!

  • 評価5つ星評価 ニコニコマークもう一度行きたい
  • 2013年9月参加
紹介割コードin06605b7f9

Sisterと呼んでくれた彼らを忘れません!!

参加後の気持ち

もう一度行きたい

プログラムに参加した理由を教えてください

私は現在、国際文化について大学で学んでいます。以前から海外ボランティアに興味があり、昨年は勇気が出なくて参加できずとても後悔していました。今年こそはと思い参加を希望しました!充実した一週間にしたいです。

画像をクリックすると拡大します。

プログラムに参加した感想は?

まずはじめに、、、このプログラムに参加して本当に良かった!!!
正直わたしは、カンボジアについてあまり詳しくは知りませんでした。もちろん、出発前にたくさん資料を集め、自分なりに下調べをしていきましたが、とにかく発展途上であること、貧しいこと、気候について、治安が悪いなどマイナスのイメージが強かったのです。しかし、直接見て、触れて、感じたカンボジアはとても素晴らしい国でした!空港で出迎ええてくれたガイドは明るく笑顔で、まずホッとしたことを覚えています。一週間泊まったホテルも、特に不便は感じず朝食もおいしかったです。プログラムはバス移動がほとんどですが、シェムリアップ市内はとても賑わっていたし、怖い思いはしませんでした。マーケットは観光客で日本人を多く見かけ、驚きました。
しかし、バスからの景色は田舎へ向かうほど変化していきました。わたしが忘れられないのは、痩せこけた牛や犬、泥水を浴びている小さな子供の姿、家もどんどん壁がなくなり、屋根はバナナの皮でつくられているような家も珍しくなかったです。ひたすら、草や田んぼが広がり、市内とは一変しました。ここに住む人こそが、本当に貧困に苦しむ人なのではないかとも思いました。しかし、どこを訪れても変わらないことがありました。それは、カンボジアの人たちの素晴らしい笑顔です。市内のマーケットでも村のレストランでも、私たちに笑顔で挨拶してくれ、どこの小学校、孤児院を訪れても子供たちは無邪気な笑顔で遊んでほしいと抱きついてきました。わたしは彼らと遊んでいるとき、孤児だと感じた瞬間は一度もなく、それほど彼らは楽しそうで幸せそうでした。わたしのことをシスターと呼んでくれた彼らや、ずっと抱っこしていた女の子の笑顔、一緒に遊んだ子供たち一人一人の顔が頭から離れません。
特に、ボランティアで何かをできたわけではなく不甲斐なさが残ったことも事実ですが、外国人と関わり、日本の文化を教えてあげるだけでも彼らにはとても大切なことなんだと教えていただきました。もっといろんなことを教えてあげたい、またカンボジアを訪れたいと強く思いました。
そして最後に最高の仲間に出会えたことにとても感謝しています。この仲間で過ごせたからこそ、充実した一週間になったのだと思います。カンボジアで出会ったすべての人、カンボジアにオークン!!あの子たちの笑顔が明日もずっと続きますように!必ずまた訪れます!!

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

今回の経験で、孤児や発展途上国の教育に興味を持ちました。今回でカンボジアが大好きになりましたが、ほかの国にも訪れ、現地の孤児院や小学校でまた交流のボランティアをしてみたいと思いました。次のチャレンジへのいいきっかけとなりました。

画像をクリックすると拡大します。

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

安全、しっかりと現状がわかる。

これから参加される方へアドバイスお願いします!

迷っているなら絶対行くべき!カンボジア最高です!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

カンボジアの子供たちの笑顔は一週間たった今も頭から離れません!!今すぐ会いに行きたいくらい!!カンボジアでの時間を大切にしてください!!

ふきだし

その他の応援メッセージを読む