• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インド スタディツアーへの海外ボランティア

刺激が沢山!本当に行って良かった!!

  • 評価5つ星評価 ニコニコマーク視野が広がった
  • 2015年3月参加
紹介割コードin102447a55

人も景色も美しい!!

参加前の気持ち

現地の治安が心配

参加後の気持ち

視野が広がった

プログラムに参加した理由を教えてください

私は、今までバリ島、ミャンマー、カンボジアに行きました。テレビやニュースで見る発展途上国は、悲惨な状況です。貧困、医療、福祉、売春。様々な問題を抱えています。ですが、どの国も行ってみて本当に人々が温かいです。純粋な子どもたちで溢れていました。
そんな中、私は先輩からインドの話を聞き「実際に行ってみたい」と強く思いました。
だから、参加しようと思いました。

画像をクリックすると拡大します。

  • タージマハル!!
    タージマハル!!
  • ヒンドゥー教の孤児院
    ヒンドゥー教の孤児院
  • メンバーと記念撮影
    メンバーと記念撮影

プログラムに参加した感想は?

 私は、インドに行って本当に良かったと思います。高校生のころ、世界史にハマり一度でいいからタージマハルに行きたいと思っていました。実際に行って、タージマハルや他の寺院やモスクの美しさに驚きました。本当に絶景でした。感動しました。
すごく景色に感動しましたが、もっと印象深く残っているものがあります。それは、孤児院やマザーハウス、宗教問題の現状でした。孤児院の子ども達はすごく可愛らしく、勉強熱心でした。しかし、話を聞いてみると「ヒンドゥー教の孤児院なのでイスラム教の子どもは、町で見かけても入れない」と聞いて驚きました。苦しんでいる子どもがいても宗教が少し邪魔をしていると感じてしまいました。また、「イスラム教の親は子どもに学校を行かせたがらない。」と聞いて、理由を問うと「物乞いをしてくれるから」という答えが返ってきました。働かず、物乞いをしてお金を稼ぐことに依存している親が多いと聞き、すごく複雑な気持ちになりました。
マザーハウスでは、施設の現状を実際に見て、驚きました。行く前は、障がい者の方や子どもたちが、穏やかに暮らしていると思ってました。実際は、スタッフの人数が足りず、患者の方全員に目が行き届いていないと感じました。そのため、ベッドの上で尿がこぼれていたり、食べ物が床にこぼれていて、それを拾って食べる患者の方を見ました。しかし、スタッフのシスターの方々が怠けて衛生面が悪いのではなく、シスターたちは必死に働いていました。忙しくても、笑顔で接してくださいました。必死で働いているシスターと働いて物乞いにハマる親を見ると、それもまた複雑な気持ちになりました。
でも、本当にインドという刺激的な国に行って良かったです。必死に生きている人が沢山いて、すごく笑顔が綺麗でした。カースト制度にめげず、力仕事をしている女性の方を見て、尊敬しました。インドへボランティアに行って私が出来たことは何もありません。ですが、盲目の子ども達が通う学校に行った時に、私たちをどう思っているのか英語で問うと、「誇りに思う」と答えてくれてすごくうれしかったです。また、学んだことは沢山あります。インドの現状を見て、沢山複雑な気持ちになりました。でも、この複雑な気持ちが自分にとっての最高のお土産だと思いました。沢山考えさせてくれました。この気持ちを日本に持ち帰り、卒業研究をインドについて取り掛かろうと思いました。私にできることは、この現状を伝えることだと思いました。自分自身が少し変わった気がします。
インドに行って良かったです。

今後、今回の経験をどのように活かしていきたいですか?

 貴重な経験をしたので、もっと国際関係について勉強をしたいと思いました。また、友達や知り合い、家族に沢山話したいと思いました。日本のニュースだけでは、インドの良さはあまり報道されません。ですが、必死に生きている人が沢山いました。インドの良さをもっと伝えていきたいと強く感じました。

画像をクリックすると拡大します。

  • イスラム教の学校
    イスラム教の学校
  • 折り紙を伝授
    折り紙を伝授

ぼらぷらのプログラムでもう一度参加したいですか?

はい

理由

視野が広がるから

これから参加される方へアドバイスお願いします!

絶対に行くべき!!すごく考えさせられます!自分自身が成長できるはず!!

ぼらぷらへ応援メッセージ

会員様から頂いたメッセージは私達にとって何よりの励みになります!!

スタッフの方々には今回で2度お世話になりました。沢山勉強させてもらっています。そして、安全で全力で楽しむことが出来ています。いつも無事で帰国出来るのはスタッフの方々のおかげだと感じています。日本ではない土地での仕事や私たちのプランを立てるのは本当に大変だと思いますが、本当に頑張ってください。いつもありがとうございます!!!

ふきだし

その他の応援メッセージを読む